• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 農林水産部  農業基盤課 > 農地保全グループ(水利)

ここから本文です。

更新日:2010年7月27日

農地保全グループ(水利)

「農業と暮らし」を支えるかんがい排水

かんがい排水とは

  「かんがい」とは、農業を行うために農地に水を引き、土地を潤すことを言います。
  「排水」とは、農業生産に必要のない余分な水を農地の外に排除することで、「かんがい」と一体となって行い、農業生産の基礎となっています。
  この両者を併せて「かんがい排水」と呼びます。

かんがい排水事業で行うこと

  「かんがい事業」では、干ばつに備えて、ダムやため池などの水源地や川から取水した水を農地に運ぶための水路の建設・整備・管理を行います。
  「排水事業」では、大雨の時に農村や農地が水没しないように、排水ポンプ場や排水路の建設・整備・管理を行います。

かんがい排水の効果

  「かんがい施設」が整備されると、夏場の干ばつ被害が軽減し、必要な時期に必要な量の水を利用できることから、いろいろな農作物が生産できるようになります。
  「排水施設」が整備されると、農地が水害から守られるようになるだけでなく、水田であっては水はけが良くなり、畑作物が作れるようになります。
  「かんがい排水」は、農業のもつ可能性を広げ、農家の経営安定に貢献します。

農業以外の効果

  昔から用水は、農業生産のほかに、防火用水や生活用水などいろんな使い方をされてきました。近年では冬期における消雪用水、親水空間の創造、生態系の創造と保全など多様な役割が注目されています。

農業用ダム

小水力発電所

農業用水路改修の既設利用によるコスト縮減(PDF:21KB)

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部農業基盤課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1636

ファクス番号:076-225-1638

Email:e211300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?