• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 石川県中能登教育事務所 > 平成27年度  学校教育指導の重点(中能登教育事務所指導課)

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

平成29年度  学校教育指導の重点(中能登教育事務所指導課)

「第2期  石川の教育振興基本計画」に示された人間像の実現に向けて、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力等の[生きる力]を育成する。

基本理念

「未来を拓く心豊かな人づくり」 

めざす人間像

  1. ふるさとに誇りを持ち、広い視野に立って社会に貢献する人間
  2. 生涯学び続ける意欲に満ち、確かな学力を身に付け、個性や創造性に富む人間
  3. 責任とモラルを重んじ、人を思いやる心豊かな人間
  4. 健康や体力の増進に努める、活力ある人間

基本目標(8つの基本目標の内、小中学校教育関係)

  基本目標1  いしかわに誇りと愛着を持ち、世界と地域に貢献する人材を育成します

  基本目標2  学力を高め、社会の変化に対応できる資質・能力を育成します

  基本目標3  豊かな心と健やかな体を備えたタフな人づくりを推進します

  基本目標4  信頼される質の高い学校づくりを推進します

  基本目標6  社会全体で家庭や地域の教育力の向上を推進します

小・中学校教育指導の重点

学習指導要領及び「いしかわ学びの指針12か条[学びの12か条+(プラス)]」の趣旨や内容を十分に踏まえた教育の推進

    【学習指導要領の基本的な考え方】

  (1)「生きる力」の育成を図ること

  (2)知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視すること

  (3)道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成すること

  • 基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着 
  • 主体的・協働的に問題発見・解決する学習過程を通した活用力等の育成
  • 学力と指導力を持続的・継続的に高める指導体制の確立 
  • 道徳教育の充実
  • 体育・健康に関する指導の充実
  • 外国語教育や科学教育の充実

       【本年度の重点】

  1. 物事を多様な観点で考察する学習や、自ら課題を発見し、主体的・能動的に課題解決に取り組む学習、問題解決のための効果的なITCの活用等を意図的・計画的に授業に取り入れ、活用力等の一層の向上を図る。
  2. 学力調査等を生かした学力向上PDCAサイクルを確立し、これら一連のプロセスを短期的、中長期的な行程[学力向上ロードマップ]に位置付け、具体的な取組や教育課程の工夫・改善を図る。
  3. 「ふるさとがはぐくむ道徳いしかわ」(映像資料含む)や「私たちの道徳(国)」などを効果的に活用し、多様な指導方法を通して、物事を多面的・多角的に考えさせ、郷土を愛する心や思いやり、生命尊重、規範意識などの道徳性の育成を図る。
  4. 武道については、生徒の学習段階や個人差等を踏まえた段階的な指導を行うなど、引き続き安全の確保に努める。
  5. 次期学習指導要領への円滑な実施に向けて、その趣旨や内容を十分に理解し、「カリキュラムマネジメント」を通した学校教育の改善・充実に努める。

各教科

  • 指導目標やねらいを明確にし、繰り返し学習や補充的な学習を取り入れた指導、効果的な習熟度別少人数指導など、個に応じたきめ細かな指導を行い、基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図る。 
  • 能動的な学習を取り入れた、より深い学びのプロセスを通して、多様な観点から考察する力や筋道立てて考えて表現する力の育成に努める。
  • 質の高い学び合いのプロセスを重視した「わかる授業」を通して、多様性を尊重する態度や学びに向かう力、次の学びへの意欲を高める。   

総合的な学習の時間

  • 児童生徒の学びの質を高めるために主体的・協働的に学ぶ学習活動や、探究的な学習を重視した指導計画を作成する。
  • 整理・分析の場面では、思考ツールの活用等、収集した情報を比較・分類・序列化・類推・関係付け・因果関係などの様々な視点で整理・分析し、活発な思考場面となるように配慮する。
  • 思考力・判断力・表現力等を育むために、体験したことや収集した情報を言語により分析したりまとめたりすることを、問題の解決や探究活動の過程に適切に位置付ける。

道徳

  • 校長の方針の下に、道徳教育推進教師を中心とした指導体制を確立し、学校が一体となって道徳教育を推進する。
  • 「考え、議論する道徳」の具現化に向け、子供たちの「主体的・対話的で深い学び」をいかに実現するかという学習・指導改善の視点を取り入れた読み物教材の登場人物への自我関与が中心の学習や問題解決的な学習、道徳的行為に関する体験的な学習など、発達の段階を踏まえた効果的かつ多様な指導方法を工夫する。
  • 「ふるさとがはぐくむ道徳いしかわ」(映像資料を含む)「私たちの道徳」を活用した道徳の時間の授業を公開するなど、保護者や地域の人々の積極的な参加や協力を得る。
  • 道徳の学習活動においては、児童生徒がより多面的・多角的な見方へと発展しているか、道徳的価値の理解を自分自身との関わりの中で深めているかを判断するように努める。

特別活動

  • 学校や児童生徒の実態に即して、指導内容の精選と重点化を図り、全体計画や各活動・学校行事の年間指導計画の改善と充実に努める。
  • よりよい生活を築くために、集団としての意見をまとめるなどの話合いの活動を充実したり、自分たちできまりをつくって守る活動を充実したりするなど、人間関係を形成する力を養う活動を充実する。
  • 自己評価や相互評価など多様な評価を取り入れ、児童生徒のよさや可能性を認めるとともに、一人一人の自己実現を支援できる評価に努める。

特別支援教育

  • 特別支援教育の推進・充実に関することを学校運営計画に位置付け、全教職員の共通理解のもとに、適切な指導及び必要な支援を計画的、組織的に行う。
  • 障害のある児童生徒一人一人について、保護者や特別支援学校等関係機関と連携して、合理的配慮の考え方を踏まえて「個別の教育支援計画」等を作成・活用し、学年間及び校種間で支援を円滑に引き継ぐ。 
  • 発達障害等についての研修や校内外でのケース会議等を積極的に行い、教職員の専門性や指導力の向上を図る。
  • インクルーシブ教育の理念を踏まえ、交流及び共同学習の活動を工夫し、深化・発展に努める。共生社会の実現に向け、交流及び共同学習の一層の充実を図るため、合理的配慮を工夫し、教育課程に位置付けて計画的、組織的に実施する。  

生徒指導の重点

    学校全体で取り組む生徒指導の推進

  • 指導の方針や基準を明確にし、教職員の共通認識のもと学校の教育活動全体を通じて積極的な生徒指導を展開する。

    いじめ・不登校・暴力行為などの未然防止と早期発見・早期対応の徹底

  • いじめ・不登校・暴力行為の減少に向け、未然防止と早期発見・早期対応に努める。特に、いじめ・暴力行為に対しては毅然とした対応とともに、適切かつ迅速な初期対応に努める。

    ネットトラブルの未然防止に向けた取組の推進

  • 児童生徒に対する情報モラル教育や保護者への啓発の推進、及びネットトラブルに関する教職員の指導力向上のための研修の充実を図る。

   学校と家庭・地域・関係機関との連携や学校種間の連携強化

  • 生徒指導の方針・基準を家庭・地域に周知し理解を求め、児童生徒の健全な発達を促すための連携を強化するとともに、問題行動等への対応については関係機関との連携や学校種間における連携を強化する。

多様な教育の指導の重点

国際理解教育

  1. 全教育活動を通して、国際理解の基礎が身に付く指導計画を作成するとともに、地球的な視野をもち、実践的態度を育む指導を実践する。
  2. 地域の特性、児童生徒の実態を踏まえ、一人一人が主体的に関わることができる指導方法を工夫する。
  3. 教師自らが国際社会に主体的に生きる人間として国際理解を深め、変化に柔軟に対応できるよう研鑽に努める。    

学校図書館を活用した教育

  1. 学習活動との連携を密にし、学習資料を整えるとともに、情報を収集・選択・活用する能力を育成するため、学習センター・情報センターとしての機能の充実に努める。
  2. 児童生徒が楽しんで自発的に自由な読書が行えるような読書センターとしての充実に努める。
  3. 学校教育全般にかかわり、学習態度の育成や読書習慣の定着という視点から学校図書館の利用に関する指導が行われるようにする。

科学教育

  1.  一人一人の自由な発想を大切にし、発見する喜びや創造する喜びなどを体験する活動を通して、科学に対する興味・関心を高め、科学的なものの見方や考え方などを育成する。
  2. 理科・数学、国語等の教科や学校全体の教育活動を通して、ものごとを論理的に考え、表現する力の育成を図る。
  3. 科学の進展による社会の発展や豊かな生活の実現と、地球規模の環境問題や生命科学の問題等を学習することを通して、科学的素養の素地となる社会性・倫理性を育成する。

情報教育

  1. 児童生徒の発達段階に応じ、意図的、組織的、計画的に学校教育活動全体を通じて、情報活用能力を育成に努める。
  2. 確かな学力を育成するための教育方法の改善・充実を図る中で、コンピュータやインターネット等の情報手段の主体的かつ適切な活用を行う。
  3. 情報モラル教育の充実を図り、よりよいコミュニケーションや人と人との関係づくりのために情報手段を適切に活用するための判断力や心構えを育成する。

環境教育

  1. 人間活動と環境とのかかわりについて関心を高め、正しい理解を深めるとともに、よりよい環境の創造に関与できる能力と積極的に働きかけをする態度の育成に努める。
  2. 児童生徒の発達の段階や地域の実態を踏まえ、学校の教育活動全体を通して、系統的・計画的な指導が行えるように努める。
  3. ESD(持続可能な開発のための教育)の視点に立った学習を進め、持続可能な社会づくりに関わる問題を見いだしたり、解決したりするために必要な能力と態度の育成に努める。

福祉教育

  1. 福祉教育を推進するうえで、全教職員の共通理解と協力体制が必要なことから、福祉教育に関する研修を充実する。
  2. 小学校や中学校における家庭科、技術・家庭科、道徳はもとより総合的な学習の時間や特別活動との関連を図るとともに、意欲的な行動を促す指導の充実に努める。
  3. 地域の人材を活用するなど地域との連携を密にし「地域に開かれた学校」であるよう努める。

キャリア教育

  1. 学校の教育活動全般における、全体指導計画の作成・改善・充実を図り、教育活動全体を通してキャリア教育の推進に努める。また、望ましいキャリア発達を促す指導と進路決定の指導との調和を図る。
  2. 発達の段階に応じた体験活動等と学級活動等における進路指導の充実に努めるとともに、集団生活に必要な規範意識やマナー、人間関係を築く力やコミュニケーション能力など、適応に関わる幅広い能力の形成の支援を重視する。
  3. キャリア教育について学校と家庭・地域が共通理解を図り、情報を交換し合い、連携を深めることにより指導の充実を図る。
  4. キャリア教育の実践が、その教育目標を達成し、さらにより効果的な活動の実践に発展させていくために、適切な評価を行う。 

へき地・複式教育

  1. 地域の特性や児童生徒の実態、複式学級における上・下学年の系統性・発展性を考慮した効果的な指導計画を作成し、創意を生かした教育活動の充実を図り、特色ある学校づくりに努める。
  2. 少人数や複式形態の特性を生かし、自己表現の場の設定や問題解決的な学習を重視した指導過程の工夫等を通して、自ら学び、豊かに表現するたくましい児童生徒を育成する。
  3. 評価規準の見直し(評価場面や評価方法を含む)を図るとともに、複式学級での学習過程においては、学年差を十分考慮して相互に学び合う態度を育成する。

人権教育

  1. 児童生徒一人一人が尊重されるとともに、互いのよさや可能性を認め合える、人権尊重の視点に立った学校・学級づくり、授業づくりの推進に努める。
  2. 組織的に人権教育を推進するための校内推進体制を確立するとともに、人権教育に係る教職員の資質及び指導力の向上を図るため、研修活動の改善・充実に努める。
  3. 学校・地域の実状、児童生徒の実態や発達段階を踏まえた人権教育を組織的・計画的に推進するため、全体計画・年間指導計画の改善・充実に努める。

健康教育

  1. 学校保健計画及び保健室経営計画を作成し、学校保健委員会等の充実により校内外の協力体制を整備するとともに、専門性を有する教職員の協力を得ながら実態に即した指導を行う。
  2. 児童生徒が食に関する正しい知識を身に付け、健康な生活を実践する力を高めるため、食に関する指導体制を確立し、食育の推進及び学校給食の充実を図る。
  3. 児童生徒が安全に関する知識を身に付け、適切に行動できる資質や能力を育成するため、安全教育の具体的な実施計画を作成するとともに地域との連携体制を整備し、安全教育の充実を図る。

部活動

  1. 部活動が、中・高校生の人間形成に大きな役割を果たしていることを踏まえ、教職員間で共通理解を図り、生徒の多様なニーズに応えた活動ができるように努める。
  2. 生徒の健康や安全に留意し、自主的・自発的な活動を通して、生徒の個性を伸長することができるように努める。
  3. 保護者や地域の人たちの意見を幅広く聞くなど、開かれた部活動とすることに努める。
  4. 科学的な指導内容、方法を積極的に取り入れ、生徒に対する説明と理解に基づく指導に努める。 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会中能登教育事務所 

石川県七尾市小島町ニ部33

電話番号:0767-52-2000

ファクス番号:0767-52-6144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?