• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 生活 > パスポート・運転免許 > 旅券(パスポート)申請のあんない

ここから本文です。

更新日:2016年12月5日

旅券(パスポート)申請のあんない

はじめに

このページでは、石川県固有の事項や特に注意していただきたい事項についてのみ掲載しております。パスポキャラクター007

 

 旅券の申請に必要な書類や写真の規格など、旅券に関する一般的な事項は外務省のパスポートに関するホームページをご覧ください。(外務省ホームページへリンク)(外部リンク)

 また、渡航先に係る安全情報については、外務省の海外安全に関するホームページをご覧ください。 

 外務省 海外安全ホームページ外務省「海外安全ホームページ」へ(外部リンク)(外部リンク)

 

ご注意

1  年末年始の申請についてのお知らせ

   旅券窓口は平成28年12月29日(木曜日) ~ 平成29年1月3日(火曜日)までお休みとなります。

 

  年始の申請は1月4日(水曜日)からで、年始の受取りも1月4日(水曜日)からです。

  旅券を年内(12月28日(水曜日))にお受け取りになりたい方は、下記の期日までに申請が受理される必要がありますので、ご注意ください。

    ◇金沢のパスポートセンターで申請・受取りされる場合                   12月21日(水曜日)まで

    ◇小松・七尾・のと里山空港旅券窓口で申請・受取りされる場合    12月15日(木曜日)まで

    ◇金沢で申請し、小松・七尾・のと里山空港旅券窓口で受取りされる場合

      または  その逆の場合                                                                       12月19日(月曜日)まで

   また、12月25日(日曜日)は、金沢のパスポートセンターでお受取りのみ行っています。

 

2  「個人番号カード(マイナンバーカード)」及び「個人番号(マイナンバー)通知カード」等の身元確認書類としての取扱い等について

 〇 「個人番号カード(マイナンバーカード)」につきましては、平成28年1月1日以降、本人確認書類の1点書類として取り扱うこととなりますが、「個人番号(マイナンバー)通知カード」は、本人確認書類としては取り扱わないので、ご注意願います。 

 〇 平成27年12月以前に交付された「写真付き住民基本台帳カード」については、平成28年1月以降に当該カードが効力を失うか、個人番号カードの交付を受けるかいずれかの早いときまでは、従来どおり、本人確認書類の1点書類として取り扱うこととなります。

 

3  旅券交付日数の短縮について(平成27年3月2日申請分より)

 〇 「パスポートセンター」で申請 ⇒ 「パスポートセンター」で受取り

              「6日間」 →  「5日間」

 〇 「出先窓口(小松・七尾・のと里山空港)」で申請 ⇒ 「申請の出先窓口」で受取り

              「10日間」 → 「9日間」

           ※  ・申請日を含め、土、日、祝日、休日、年末年始を除いて数える。

                  ・受取りについては、申請した窓口以外の県内の他の窓口を希望する場合、

                    申請時に変更手続きができます。

 

 

4  有効旅券をお持ちの方で、氏名や本籍が変更になった場合はお手続きが必要です 

旅券法の一部改正に伴い、平成26320日以降、「記載事項の訂正」制度が廃止され、有効期間が現在お持ちのパスポートの有効期間満了日までの「記載事項変更旅券」という新しい旅券の発給が始まりました。

有効旅券の氏名等が変更になった方は、有効期間が10年または5年の旅券を新たに申請するか「記載事項変更旅券」を申請してください。

    詳しくは有効旅券の記載事項に変更が生じた場合をご覧ください。

 

 

    旅券窓口  

   石川県の旅券についてのお問い合わせ及び申請受付・交付窓口は次のとおりです。

 
パスポートセンター


小松旅券窓口


七尾旅券窓口


のと里山空港旅券窓口

所在地

〒920-0853
金沢市本町1丁目5番3号
リファーレ3階
TEL076-223-9109

テレフォンサービスTEL076-224-1050

Google Mapsを開く(外部リンク)

〒923-0801
小松市園町ハ108番地の1
県小松合同庁舎1階
TEL0761-23-5931

Google Mapsを開く(外部リンク)

〒926-0852
七尾市小島町ニ部33

中能登総合事務所1階
TEL0767-52-6113

Google Mapsを開く(外部リンク)

〒929-2392
輪島市三井町洲衛10部11番1
奥能登行政センター1階
TEL0768-26-2310

Google Mapsを開く(外部リンク)

受付時間 [申請受付]
月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
※土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始は申請できません。

[旅券の交付(受領・お渡し)]
月曜日・水曜日・金曜日 午前9時~午後5時
火曜日・木曜日 午前9時~午後7時
日曜日 午前9時~午後5時
※土曜日・祝日(日曜日が祝日と重なる日を除く)・休日・年末年始は、旅券の交付をしていません。
[申請受付]
月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
※土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始は申請できません。

[旅券の交付(受領・お渡し)]
月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 午前9時~午後5時
火曜日 午前9時~午後7時
※土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始は、旅券の交付をしていません。
受領日

申請日を含めて5日目から受領できます。
ただし、土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始は除いて数えます。

申請日を含めて9日目から受領できます。
ただし、土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始は除いて数えます。

業務内容

旅券業務全般
代理申請は30名までできます。

(10名以上は予約が必要)

旅券業務全般。ただし、刑罰等関係欄該当者については、パスポートセンターでのみお取扱いしています。
代理申請は15名までできます。
  (5名以上は予約が必要)

申請書用紙

申請書用紙は国が印刷しており全国共通ですが、インターネットからはダウンロードできません。事前に記入したい方は、ご不便をおかけしますがどなたでも結構ですので上記窓口へ取りに来てくださるようお願いします。

なお、市町の窓口担当課へは、配付のために「一般旅券発給申請書(新規・切替用)」用紙及び「申請のご案内」を置いていただくよう当センターからお願いしております。最寄りの市町の窓口をご利用される方は、申請書用紙の在庫があるかどうか事前に問い合わせの上、取りに行かれるようお願いいたします。(石川県ホームページ、県内市町リンク集へリンク*)

*県内市町リンク集には、県関係団体等他の団体も掲載されていますが、申請書用紙が置いてあるのは市町窓口のみです。

 

申請書の記入例

 申請書の記入方法は、申請書の記入例をご覧ください。申請書の記入例 (PDF:252KB)

 パスポートの申請から受領までの流れ(外務省ホームページへリンク)(外部リンク)

 こんなとき、パスポートQ&A(外務省ホームページへリンク)(外部リンク)

 

手数料について

手数料については、申請の区分に応じて次の表のとおりになっています。

申請の区分

収入印紙

石川県証紙

合計

10年間有効な旅券

14,000円

2,000円

16,000円

5年間有効な旅券

9,000円

2,000円

11,000円

12歳未満の旅券                      

4,000円

2,000円

6,000円

記載事項変更旅券

4,000円

2,000円

6,000円

査証欄増補

2,000円

500円

2,500円

なお、パスポートセンターでは旅券の受け取りに必要な金額の収入印紙と石川県証紙をセットにして販売しています。収入印紙や石川県証紙は、出来あがった旅券を受け取りに来られる直前に購入することをお勧めします。申請時に購入すると、受け取りまでに紛失するおそれがあります。

*未成年の方は10年旅券は申請できません。

 

お願い

  1  海外出張の可能性のある職場の方は

突然の海外出張命令で、旅券の発給が間に合わないという方が見受けられます。海外出張の可能性がある職場の方は、事前に旅券を取得しておいてください。また、旅券を持っていると思っても、有効期限が過ぎていた、有効期間が不足している、紛失したといった場合もありますので、お手元の旅券の確認をお願いします。

  2  旅券申請に必要な写真の規格について

旅券申請用の写真の規格については、外務省のホームページをご覧ください。(外務省ホームページへリンク)(外部リンク)

写真は本人確認のために極めて重要なものです。特に、顔の特徴がわからなくなるような画像処理をされたものや輪郭補正されたもの、また、髪の毛や眼鏡のフレーム、そしてそれらの影が目にかかっている場合は不適当なので受理できない場合があります。

背景が白色やグラデーションになっている写真の場合、現旅券作成機では色むらが生じる場合がありますので、ご了承いただくか、グラデーションのかかっていない色つきの背景でお撮りいただくようお願いいたします。 最近画像の粗いもの、霞がかかったようなもの、ピントがあまいもの、背景と人物の境目がわからないものといった写真を持って来られる方がいらっしゃいます。写真はスキャナーを通して読み取り、特別な方法で旅券に印刷しています。このため、提出された写真よりもさらに画質が落ちますので、鮮明な写真を提出してくださるようお願いします。不鮮明な写真は不適当なので受理できない場合があります。デジタルカメラがどんなに性能の良い物であっても、画質はプリンターに依存しますので注意してください。写真の規格については厳格に取り扱わざるを得ませんので、ご理解の上、規格を満たした写真で申請されるようお願いいたします。

なお、1枚のシートに複数印刷されている写真をお持ちの方は、切り取らずにお持ちください。受付において適切なものを選んだうえ、規定の大きさに切り取りいたします。また、1枚ずつになっている写真は、お持ちいただいたものに傷がついている場合がありますので、予備写真があれば一緒にお持ちください。申請書への貼付は受付で行います。いずれも貼らずに提出してください。

  3  修学旅行等に伴う旅券の申請について

時期により、高等学校の海外修学旅行や研修旅行のための申請が集中する場合があります。各学校の同一学年(組)の大半の方が旅券を申請されるため、特定の日や週に集中して申請されると受付窓口が大変混雑してしまいます。そこで、各学校に対しては出来るだけ申請日を割り振って分散して申請に来ていただくよう、こちらからお願いしているところです。

申請される方々におかれましては、混雑回避及び待ち時間短縮のため分散申請にご協力下さい。夕方は、時間に余裕をもって来所されるようお願いいたします。法定代理人による代理申請も可能ですので、こちらも是非ご利用ください。 

なお、戸籍謄(抄)本を持参していなかったり、身元確認書類が不足し、受理にならない場合があります。学校の説明会で配付される「旅券申請のご案内」と「修学旅行等に係るパスポート申請の注意点」をご確認下さい。

  4  未成年の子とその親の姓が違う場合

申請者である未成年の子と、その子の親(法定代理人)の姓が違う場合があります。この場合は、親と子とのつながりを確認するため、親の戸籍謄(抄)本が必要になる場合があります。また、実際に提出された戸籍謄(抄)本を見てみないとそれで十分確認できるかどうかはわかりませんので、場合によっては戸籍謄(抄)本の追加をお願いする場合がありますが、その節はご容赦願います。

  5  戸籍謄(抄)本の省略について

切替申請の場合で、戸籍事項に変更がない場合は戸籍謄(抄)本の提出は省略できることとなっていますが、申請者が未成年者、成年被後見人及び一時帰国者の場合、別名併記をする場合、その他特に必要と認められる場合は、戸籍謄(抄)本の省略はできません。受付の段階で戸籍謄(抄)本の提出をお願いする場合がありますが、その節はご容赦願います。

なお、パスポートセンターが入居しているリファーレの2階には金沢市本町市民センターも入居しています。ここでは、広域行政窓口サービスにより、かほく市以南の石川県内に本籍を置いている方の戸籍謄(抄)本をとることができます。(本町市民センター  TEL076-260-0365) 

 6  石川県に住民登録がない場合

石川県で申請できる方は、日本国籍を有し、石川県内に住民登録をされている方です。

   ただし、石川県に住民登録はしていないが、  実際に、石川県に居住している単身赴任の方や学生等については、一定の条件を満たせば、石川県でも申請できる場合 (居所申請) があります。

  その場合は、必ず、申請者本人が窓口に来ていただく必要があります。 (代理申請不可)。また、居所申請の場合、通常の申請書類のほかに、必ず、住民登録地の住民票が必要となります。居所地 (石川県) での居住確認の書類も必要となります。

  事前に、石川県パスポートセンターまでお問い合わせください。 (076-223-9109)

 

有効旅券の記載事項に変更が生じた場合

有効期間が10年または5年の旅券を新たに申請するか「記載事項変更旅券」を申請してください。 

 1 手続きの対象となる記載事項の変更とは 

  • 婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した場合
  • 家庭裁判所の許可により、戸籍上の姓や名を変更した場合
  • 本籍地の都道府県名が変わった場合
  • 国際結婚等により配偶者の姓等を別名として併記または削除する場合

           (この他特殊な事情で記載事項の変更を要するものについてはご相談ください。)

 2 手続きの対象とならない場合

  • 同じ都道府県内で本籍を変更した場合(旅券の記載に変更がないため)
  • 住所を変更した場合(ご自身で旅券の最終頁にある「所持人記入欄」の前住所を二重線で消し、新住所を記入してください。)
  • 有効期間が切れている場合(必要となった時に10年または5年の旅券を新たに申請してください。)

 3 新規申請(10年または5年)と記載事項変更旅券申請について

  • いずれも新しいパスポート冊子になり、旅券番号が変わります。
  • 下記のとおり有効期間と手数料が異なります。  

項目

新規申請(訂正新規申請)

記載事項変更旅券申請

有効期間

発行日から10年または5年

*現在お持ちの旅券の有効期間は切り捨て

で引き継がれない

有効期間満了日が、現在お持ちの旅券と同じ

*渡航予定国の残存有効期間に注意

手数料

10年16,000円

5年(12歳以上)11,000円

5年(12歳未満)   6,000円

*12歳未満は5年旅券のみです 

6,000円

 

 4  申請に必要な書類

 

お知らせ

旅券の残存有効期間の確認を  

旅券の有効期間が6ヵ月以上ないと入国できない国や査証(ビザ)がもらえない国などがあります。渡航予定の国の残存有効期間の条件を早めに確認してください。  

米国へ渡航(入国及び通過)を予定されている方へ

 外務省よりESTA(エスタ)に関する重要なお知らせがあります。(外務省ホームページへリンク)(外部リンク) 

 旅券の役割及び歴史について

本年は、我が国おいて海外渡航文書発給事務が開始されてから150周年の節目の年に当たります。(政府インターネットTVへリンク)(外部リンク) 

 はがきは不要になりました

 平成21年3月1日から、以前パスポート申請に必要とされてきた郵便はがきの提出が不要となっています。 

震災特例旅券について

震災特例旅券の申請受付は、平成25年3月で終了しました。

なお、紛失等したパスポートの残存有効期間が5年以上残っていた方は、1回目の震災特例旅券(5年)の期間満了に当たって、残りの有効期間について2回目の震災特例旅券を申請することができます。

その場合石川県でも手数料が免除されます。

パスポートセンター周辺図 

パスポートセンター周辺の地図

 

お車でお越しの方は、リファーレ地下の駐車場(有料)をご利用下さい。

Google Mapsを開く(外部リンク) 

 

   また、12月25日(日曜日)は、金沢のパスポートセンターでお受取り

 

 

旅券窓口は平成28年12月29日(木曜日)~ 平成29年1月3日(火曜日)までお休みとなります。

 

 

年始の申請は1月4日(水曜日)からで、年始の受取りも1月4日(水曜日)からです。

 

 

旅券を年内(12月28日(水曜日))にお受け取りになりたい方は、下記の期日までに申請が受理される必要がありますので、ご注意ください。

 

   ◇金沢のパスポートセンターで申請・受取りされる場合              12月21日(水曜日)まで

 

   ◇小松・七尾・のと里山空港旅券窓口で申請・受取りされる場合  12月15日(木曜日)まで

 

   ◇金沢で申請し、小松・七尾・のと里山空港旅券窓口で受取りされ

      または  その逆の場合                                                    12月19日(月曜日)まで

 

また、12月25日(日曜日)は、金沢のパスポートセンターでお受取りのみ行っています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:観光戦略推進部国際交流課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

Email:e200500@pref.ishikawa.lg.jp

パスポートセンター連絡先 TEL:076-223-9109
テレフォンサービス              TEL:076-224-1050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?