• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年8月29日

通訳案内士について

訳案内士とは、報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を行うことを業とする者をいいます。

*地域限定通訳ガイド試験・免許制度
都道府県知事が実施する試験に合格した者に、その地域に限り有償で通訳ガイドをおこなえるようにする制度ですが、石川県では導入されていません。

登録申請手続に必要な書類

訳案内士になろうとする者は、観光庁長官の行う試験http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/(外部リンク))に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。
  ただし、日本国内に住所を有しない方は、別途お問い合わせ下さい。

  1. 登録申請書(ワード:30KB)(PDF:27KB)
  2. 健康診断書(エクセル:19KB)(PDF:20KB)
  3. 合格証書の写し(モノクロ可)
  4. 履歴書(フォームは任意で、市販のものでも構いません。写真貼付不要)
  5. 写真2葉(縦3cm、横2.5cmで最近6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のもの)
  6. 住民票(本籍が記載されているものをご持参ください)
  7. 登録手数料(石川県収入証紙  5,100円)  ※「印紙」と間違えないようにご注意ください。

登録証再交付申請手続に必要な書類

録証を亡失し、もしくは著しく損じたときは各都道府県知事に再交付を申請する必要があります。

  1. 再交付申請書(ワード:26KB)(PDF:19KB)
  2. 合格証書の写し
  3. 写真2葉(縦3cm、横2.5cmで最近6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のもの)
  4. 再交付手数料(石川県収入証紙  4,000円) ※「印紙」と間違えないようにご注意ください。
  5. 登録証が著しく損じている場合は当該登録証

  亡失した登録証を発見したときには、各都道府県知事に返納してください。

登録事項の変更手続に必要な書類

録証の記載事項に変更を生じたときは、各都道府県知事に変更届出書を提出する必要があります。

  1. 登録事項変更届出書(ワード:29KB)(PDF:24KB)
  2. 登録証
  3. 登録事項が変更された証明となる書類(住民票等)
  4. 写真2葉(縦3cm、横2.5cmで最近6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景のもの)
  5. 手数料(石川県収入証紙  4,000円) ※「印紙」と間違えないようにご注意ください。

登録の抹消の届出に必要な書類

訳案内士を廃業したとき、死亡したとき、若しくは業務の禁止処分を受けたときは、登録抹消事由届出書(任意書式)に登録証を添えて、各都道府県知事に届け出る必要があります。

亡したときは、相続人が届け出て下さい。

 

お知らせ

  観光庁より、平成29年8月21日付けで、通訳案内士による信用失墜行為の防止について通知が出されています。

  かかる行為を行うことのないよう 、留意願います。

 観光庁通知文(PDF:107KB)

お問い合わせ

国際観光課  TEL 076(225)1125

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:観光戦略推進部国際観光課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1128

ファクス番号:076-225-1383

Email:k-kankou@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?