• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 少子化対策 > 青少年・家庭教育 > 指定管理者候補団体の選定結果について

ここから本文です。

更新日:2014年11月28日

指定管理者候補団体の選定結果について

指定管理者候補団体の選定結果について

石川県青少年総合研修センターの指定管理者の公募については、以下のとおり候補団体を選定いたしました。

なお、指定管理者の指定に際しては、地方自治法第244条の2第6項の規定により
議会の議決を経る必要があり、以下に掲載しているのは指定をする前段階としての選定結果です。 

指定管理者候補団体

団体名

株式会社アイ・イー・パートナーズ

所在地

金沢市小将町8番33号

代表者名

代表取締役  中川 茂 

選定方法

10月27日(月曜日)開催の公の施設の指定管理者選定委員会において、申請書類に基づく書類審査及び申請団体によるヒアリングを実施し、各委員が下記選定基準に沿って評価をした。
その評価結果を基準に総合的に評価しあい、もっとも適切に施設を管理できると認める団体を指定管理者の候補として選定した。

選定理由

施設利用について、青少年の健全育成のための施設として十分な配慮がなされているとともに、
積極的な利用誘致活動や質の高いサービスの提供により、施設の適切かつ効率的な管理運営が期待できることから、
指定管理者候補団体に選定した。

選定基準及び選定理由概要

施設の目的に沿いつつ、県民の平等な利用が確保されること。

管理運営理念が青少年健全育成に合致しているとともに、
広く県民の利用促進を図るための各種事業活動を実施することとしている。

最少の経費で施設等の適切な維持管理を図ることができること。

清掃、設備保守点検、修繕など施設維持管理に要する妥当な管理料が提案されており、
緊急時の対応や安全管理についても具体的である。

最少の経費で施設の効用を最大限に発揮できること。

サービスの質の向上を図るための取組みや、利用者数の数値目標や
その根拠及び目標達成に向けた取組みが具体的に記載されている。

管理を安定して行うために必要な人員、資産その他の経営の規模及び能力を有していること。

責任ある施設の管理運営のための適切な人員が確保されている。

次世代育成支援に企業として取り組むこと。

プレミアム・パスポート事業について積極的かつ具体的な取組みが提案されている。

選定委員会

委員長 北川 龍郎 健康福祉部長
 委 員 下出 博明 青少年育成推進指導員連絡会会長
 委 員 野村 博樹 中小企業診断士
 委 員 山本 陽一 健康福祉部次長兼企画調整室長
 委 員 岡      讓 健康福祉部少子化対策監室子ども政策課長

指定期間

平成27年4月1日から平成30年3月31日まで

他の応募者

株式会社 共立メンテナンス 

お問い合わせ

所属課:少子化対策監室 子ども政策課

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1447

ファクス番号:076-225-1423

Email:e150300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?