ホーム > 医療・福祉・子育て > 障害者 > 障害者医療 > 自立支援医療制度について

ここから本文です。

更新日:2016年6月30日

自立支援医療制度について

指定自立支援医療機関向け

  平成28年熊本地震により被災した障害者等に対する支給決定等について、厚生労働省から下記の通り通知がありましたのでお知らせします。

「平成28年熊本地震により被災した障害者等に対する支給決定等について」(平成28年4月25日付け厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室ほか事務連絡)(PDF:1,103KB)

 

自立支援医療機関の指定について

  各医療機関・薬局等において、自立支援医療を実施する場合には、指定自立支援医療機関として指定を受ける必要があります。各手続については、下表のとおりです。

指定自立支援医療機関名簿

必要な手続きと書類・様式集(エクセル:217KB)

記載例(エクセル:217KB)

自立支援医療機関の必要書類等
事由と必要な手続 必要書類(育成・更生医療) 必要書類(精神通院医療)

【申請(新規)】
新たに自立支援医療を実施

(例)病院、薬局の新規開設

 

※開設者の変更や所在地の変更に伴い、保険医療機関(保険薬局)コードが変わる場合があります。この場合、変更届が必要です。 (これまでは、旧機関の辞退届および新機関の新規申請が必要でしたが、平成25年10月より上記の取扱いとなりました。)

 

※育成・更生の場合、3ヶ月ごとに開催される審議会に諮問するため、審査に最大3ヶ月間かかり、指定は審議会翌月1日付けとなります。

 

※精神通院の場合、指定は申請書提出の翌月1日付けとなります。また指定・更新の申請は毎月25日を期限とさせて頂きます。

  • 申請書
  • 医師経歴書
  • 医師免許証の写し
  • 各関係学会に入会していることを証明するもの
  • 論文を2~3点
  • 研究内容に関する証明書
  • 自立支援医療を行うために必要な設備及び体制の概要
  • 自立支援医療を行う場所の平面図及び写真
  • 保険医療機関指定書の写し
  • 役員等一覧表
  • 誓約書 

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

  • 申請書
  • 医師経歴書
  • 医師免許証の写し
  • 保険医療機関指定書の写
  • 役員等一覧表
  • 誓約書

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

【変更届】

申請記載事項の変更
(例1)医師、薬剤師の変更

(例2)所在地の変更

(例3)医療機関コードの変更(※)  

※開設者の変更や所在地の変更に伴い、保険医療機関(保険薬局)コードが変わる場合です。  

(例4)訪問看護に関して新たにサテライト(出張所)を設ける場合

 

  • 届出書
  • 変更事項に応じた添付書類

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

  • 届出書
  • 変更事項に応じた添付書類

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

【申請(更新)】
指定の更新

※指定医療機関の指定の有効期間は6年間です。6年毎に更新しなければ、その効力を失います。

 

  • 申請書
  • 役員等一覧表
  • 誓約書

(直近の指定申請(変更届)から変更があった場合)追加書類または別途「変更届」

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

 

  • 申請書
  • 役員等一覧表
  • 誓約書

(直近の指定申請(変更届)から変更があった場合)追加書類または別途「変更届」

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

【辞退届】

指定の辞退

(例)病院、薬局の廃業

(例)異動・退職等により条件を具備する担当医師・薬剤師が不在となった。

  • 届出書

 

病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

  • 届出書

 

 病院・薬局・訪問看護ステーション別の必要書類の詳細は、上記「様式集」ファイルの「目次シート」を参照ください。

 

自立支援医療機関の指定申請に関する連絡先

◆育成医療・更生医療(金沢市に在する医療機関等を除く)

〒920-8580 石川県金沢市鞍月1丁目1番地

石川県健康福祉部障害保健福祉課 企画推進グループ(tel:076-225-1428)

◆精神通院医療
〒920-8580  石川県金沢市鞍月1丁目1番地
石川県健康福祉部障害保健福祉課 医療支援グループ(tel:076-225-1427)

制度の概要

害者自立支援法施行に伴い、障害者に関する公費負担医療制度である育成医療、更生医療及び精神障害者通院医療費公費負担制度については、平成18年4月から自立支援医療として再編されました。

制度説明
  育成医療及び更生医療 精神通院医療
実施主体 市町村 都道府県
申請窓口 市町村担当課 市町村担当課
有効期間 1年 1年
対象疾患
  1. 肢体不自由によるもの
  2. 視覚障害によるもの
  3. 聴覚、平衡機能障害によるもの
  4. 音声、言語、そしゃく機能障害によるもの
  5. 心臓、腎臓、小腸又は肝臓の機能障害によるもの
  6. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害によるもの
神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患
(通院医療のみ)

自己負担について

自己負担は原則医療費の1割。

だし、利用される方の世帯の所得に応じて、下表のとおり上限額等が決まります。

※自立支援医療での「世帯」とは、自立支援医療を受診する利用者が加入している医療保険の単位で次のとおり認定されます。

  • 健康保険、共済組合:  扶養、被扶養の関係にある方全員
  • 国民健康保険:  一緒に国民健康保険に加入している方全員

一定所得以下

  • 「生保」:0円
  • 「低1」:(負担上限額)2,500円
  • 「低2」:(負担上限額)5,000円

中間的な所得

  • 「中間1」:(負担上限額)医療保険の自己負担限度額
                       ※注1(負担上限額)5,000円
                       ※注2(負担上限額)5,000円
  • 「中間2」:(負担上限額)医療保険の自己負担限度額
                       ※注1(負担上限額)5,000円
                       ※注2(負担上限額)5,000円

一定所得以上

  • 「一定以上」:公費負担の対象外(医療保険の負担割合・負担限度額)
                            ※注2(負担上限額)20,000円

※注1:育成医療の経過措置
※注2:「高額治療継続者(重度かつ継続)」に該当する場合

 

所得区分とその条件
所得区分 条件
「生保」 生活保護の認定を受けている世帯の場合
「低1」 世帯の市町村民税が非課税で、利用者の収入が80万円以下の場合
「低2」 世帯の市町村民税が非課税で、利用者の収入が80万円を越える場合
「中間1」 世帯の市町村民税(所得割)額が3万3千円未満の場合
「中間2」 世帯の市町村民税(所得割)額が3万3千円円以上23万5千円未満の場合
「一定以上」 世帯の市町村民税(所得割)額が23万5千円以上の場合

 

※「高額治療継続者(重度かつ継続)」について

自立支援法施行令第35条第1項第1号に規定される下記に該当する者
医療の種類 対象範囲
育成・更生医療 腎臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害、心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、肝臓機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)
精神通院医療 統合失調症、躁うつ病・うつ病、てんかん、認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)、3年以上の精神医療の経験を有する医師によって、集中的・継続的な通院医療を要すると判断された者

精神通院医療の利用申請について

    平成28年1月1日から、「行政手続きにおける特定個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の一部が施行され、個人番号の利用が開始されました。この法律では申請時の手続きの簡素化による負担軽減や、本人確認の簡易な手段、その他の利便性の向上を得ることを目的として、社会保障関係の申請事務に個人番号を利用することが規定されています。

  申請する際には本人確認書類と身元確認書類の両方が必要になります。1 から3 のいずれかの書類をお住まいの市町窓口に提示ください。不明な点がある場合は市町窓口にお問い合わせください。市町窓口お問い合わせ先一覧

  1. 個人番号カード(写しの場合は両面)
  2. 通知カード+公的機関発行の身分証明書(写真付き)1点  (例)障害者手帳、運転免許証
  3. 通知カード+健康保険証、年金手帳など2点

精神通院医療を新規で利用される場合や変更が生じる場合は、下表のとおり申請等してください。

申請手続き
事由と必要な手続き 必要書類

【申請(新規)】

  • 新規で精神通院医療を利用する
  • 石川県外で精神通院医療を利用し、石川県に転入する


【申請(再認定)】

  • 現在認定を受けている精神通院医療を更新したい

※提出書類については下記もご参考ください。

 

自立支援医療(精神通院医療)と精神障害者
保健福福祉手帳の申請に必要な書類について
(PDF:22KB)

 

 

※石川県に転入する場合で、現在の他都道府県での認定の有効期間が残っている場合は、新しい診断書ではなく、現在の認定を受ける際に提出した診断書の写しでも可能です。(以前に診断書を発行してもらった医療機関にご相談ください。) 

 

【申請(変更)】

  • 医療機関等を変更する
  • 所得区分が変更になる(国民健康保険からそれ以外の医療保険に変更する場合(その逆も含む)を含む)  

【記載事項変更】

  • 氏名が変更になる
  • 石川県内で住所を変更する
  • 保護者が変更になる(利用者が18歳未満の場合)
  • 医療保険の記載事項等が変更になる(4の括弧書きの場合以外を含む)

自立支援医療の利用申請に関する連絡先

◆育成医療・・・子育て支援課のホームページをご覧ください。
◆更生医療・・・各市町担当課にお問い合わせください。
◆精神通院医療・・・石川県こころの健康センター (tel:076-238-5761)にお問い合わせ下さい。(利用の申請窓口はお住まいの市町になります。)

自立支援医療(更生医療)と生活保護(医療扶助)の請求方法について

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部障害保健福祉課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1426

ファクス番号:076-225-1429

Email:shofuku2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?