• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ花
開花期

ムラサキカタバミ地下茎
鱗茎(上部)と牽引根(下部)

項目 内容

1.学名

Oxalis corymbosa

2.科名

カタバミ科

3.成長期間

3~12月

4.花期

5~8月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

観賞用として南アメリカから導入された多年草。庭、畑地、空き地などに生育する。

7.外観の様子

葉:柄が長く、ハート形の3小葉からなる根生葉を多数出す。
花:直立した30cm程の花茎の頂に、濃いピンク色の5弁花を数個つける。葯は白色。
根茎:多数の小さな鱗茎に包まれた地下茎を形成する。鱗茎の下の白く太った根は、牽引根と呼ばれる。

8.その他

日本では結実せず、鱗茎の栄養繁殖によって広がる。地下につくられる多数の鱗茎は分離しやすく繁殖力が強いため、一度侵入すると根絶が困難である。近縁種のイモカタバミは、葯が黄色で、根茎が球形の芋状である。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?