• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

キツネノボタン 

 キツネノボタン
開花・結実期

項目 内容

1.学名

Ranunculus silerifolius Lev.

2.科名

キンポウゲ科

3.成長期間

11~8月

4.花期

4~7月

5.食用・薬用・毒性

毒性あり:全草に有毒成分(アルカロイド、プロトアネモニン)を含み、食べると口内炎、胃腸炎、血便などの症状を起こす。

6.生育場所

休耕田や水路などの湿った場所に生える越年草。

7.外観の様子

茎:中空で太く、中上部で枝分かれして30~60cm程になる。茎葉にはほとんど毛がない。
葉:不規則な鋸歯(葉縁のぎざぎざ)があり、2~3裂した3小葉からなる。茎につく葉は柄が短い。根生葉は柄が長く、柄の基部が鞘状になって茎を抱く。
花:それぞれの枝先に、つやのある黄色い5花弁の花をつける。
果実:先端がかぎ状に曲がった小さなそう果(種子のように見える、乾いた果実)が多数集まって球状につき、金平糖のような形をしている。

8.その他

和名の由来は、葉の形がボタン科の「牡丹」に似ていることから。「キツネ」には、「だまされる」または「有毒である」という意味がある、という説がある。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?