• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

イヌタデ(アカマンマ)

 イヌタデ
開花期

項目 内容

1.学名

Persicaria longiseta (De Bruyn) Kitagawa

2.科名

タデ科

3.成長期間

4~11月

4.花期

6~10月

5.食用・薬用・毒性

食用:辛味はないが、若い茎葉を食べることができる。

6.生育場所

畑地、田の畔、道端、空き地、庭などいたるところでごく普通に見られる1年草。

7.外観の様子

茎:柔らかくつるつるした円柱形で、多くは紅紫色を帯びる。オオイヌタデよりも小柄で、節は目立たない。
葉:両端がとがった細い葉を互生する。長い毛の生えた、筒状の托葉をもつ。
花:茎の先に花穂を出し、赤紫色~白色の小さな花を密につける。色づいて5つに裂けたがくが、花弁のように見える。

8.その他

近似種のヤナギタデは葉に辛味があり、食用とされる。本種は草姿は似るものの、辛味がなく役に立たないことから「犬」を冠せられた。
別名の「赤まんま」は、花茎をしごいて花だけにしたものを赤飯に見立てて、子供のままごと遊びに使われることから。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?