• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

ヒメジョオン(ヤナギバヒメギク)

ヒメジョオン1
開花期

ヒメジョオン2
花の拡大

 

項目 内容

1.学名

Erigeron annuus (L.) Pers.

2.科名

キク科

3.成長期間

4~10月

4.花期

6~9月

5.食用・薬用・毒性

 

6.生育場所

北アメリカ原産の帰化植物。道端、畑地、庭、空き地、荒地などいたる所に生育する。越年草。

7.外観の様子

茎:中実(茎の中央に髄が詰まっており、中空でない)で有毛。直立して上部で枝分かれし、高さ30~100cmになる。
葉:根生葉と茎の下~中部の葉はへら状楕円形~長楕円形で、荒い鋸歯(葉縁のぎざぎざ)がある。花に近い茎上部の葉は、小型の細長い形で鋸歯がない。
花:茎の上部に、白色~薄ピンク色の舌状花と黄色の管状花とからなる頭花(小さな花が多数集まって、大きな一つの花になっているもの)を多数つける。

8.その他

しばしば近縁種のハルジオンと混同され「ヒメジオン」と呼ばれるが、正しくは「ヒメジョオン(姫女菀)」である。
ハルジオンと酷似するが、本種は茎が中実で、蕾は垂れないことから見分けられる。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?