• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

イネ葉鞘網斑病

葉鞘網斑病と紋枯病の病斑
(画像1)葉鞘網斑病(左)と紋枯病の病斑(右)

病原菌の分生子
(画像2)病原菌の分生子

病原菌の菌核
(画像3)病原菌の菌核

 

項目 内容

1.宿主名

イネ

2.宿主科名

イネ科

3.病名

葉鞘網斑病

4.病原

Cylindrocladium scoparium(キリンドロクラディウム・スコパリウム)

5.診断

葉鞘網斑病は地際に楕円形の病斑を病斑を形成するため、紋枯病と混同しやすい。紋枯病は灰白色の病斑周縁に濃色の縁取りがあるが(画像1の右)、葉鞘網斑病は淡黄褐色の病斑に縁取りがなく、病斑内の縞模様が病名の由来になっている(画像1の左)。
分生子は無色、円筒形、2細胞からなり、結晶のようにも見える。被害葉鞘組織内に球形の菌核を形成する。

6.診断のコツ

網目状の病斑、結晶のような分生子、球形の菌核。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?