• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

イネもみ枯病 

穂の病徴の画像
(画像1)穂の病徴

分生子殻の電子顕微鏡画像
(画像3)分生子殻の電子顕微鏡画像

(画像2)病原菌の分生子殻から出る分生子角の画像
(画像2)病原菌の分生子殻から出る分生子角

項目 内容

1.宿主名

イネ

2.宿主科名

イネ科

3.病名

もみ枯病

4.病原

Phoma glumarum(フォーマ・グルマールム)

5.診断

県内では、フェーンなど風損被害と合併して発生することが多い。主に、籾の先端から褐変しだし、古くなった部分は次第に白変して小黒点(分生子殻)を生ずる。健病の境には褐色の縁取りが残る。
病原菌の分生子殻から夥しい分生子が噴出する。内部に分生子を形成している壺状のものを分生子殻、それから噴出している分生子の塊を分生子角という。この画像はプレパラート内での噴出であるが、乾燥した気中に出された場合、白色の針状、棒状、はたまたコイル状に乾固していることがあるので「角」と呼ばれる。ただ一個の分生子殻から、夥しい分生子が蛇玉花火のように流れ出している。

6.診断のコツ

Phoma属は分生子殻を孤生する。これに対してPhomopsis属では数個の分生子殻が連なる「子座」を形成する(ナス褐紋病の項参照)。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農林総合研究センター農業試験場

石川県金沢市才田町戊295-1

電話番号:076-257-6911

ファクス番号:076-257-6844

Email:nk-kika@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?