• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 県民文化スポーツ部文化振興課 > 催物(イベント等)の開催について

ここから本文です。

催物(イベント等)の開催について

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より連絡があった、催物(イベント等)の開催に関する事務連絡を掲載しております。今後、開催を予定している場合は、参考にご覧ください。

 

 詳しくはこちら(外部リンク)

イベントの開催制限ついて(令和3年11月25日以降)

  本県における11月25日以降のイベントの開催制限については、以下のとおりとなります。

イベント1

※収容率の判断にあたっての「大声」を、「観客が、(1)通常よりもはるかに大きな声量で、(2)反復・継続的に声を発すること」と定義し、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントを「大声あり」に該当するものとします。

<大声の具体例>

・観客間の大声・長時間の会話

・スポーツイベントにおいて、反復・継続的に行われる応援歌の合唱  など

 

※収容定員が設定されていない場合、「大声あり」のイベントは、十分な人と人との間隔(できるだけ2メートル、最低1メートル)を確保し、「大声なし」のイベントは人と人とが触れ合わない程度の間隔を確保してください。

 イベント開催にあたっては、下記「イベント開催時の必要な感染防止策」や業種別ガイドラインを基に、「三つの密」が発生しない席の配置や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、イベントの開催中や前後における選手、出演者や参加者等に係るイベント主催者等による行動管理等の基本的な感染防止策を講じるとともに、参加者名簿を作成して連絡先等を把握しておくことや、COCOA等の活用等をお願いいたします。

イベント開催時の必要な感染防止策(PDF:1,144KB)

 

 

 また、「感染防止策チェックリスト」を作成し、HP等での公表をお願いします。チェックリストについてはイベント終了日から1年間保管ください。

 

感染防止策チェックリスト(PDF:569KB)  感染防止策チェックリスト(PPT:77KB) 

 

※飲食を伴う又は飲食が可能であるイベントについては、引き続き、飲食専用エリア以外(例:観客席等)において自粛を求めることとしますが、発声が無いことを前提に、飲食時以外のマスク着用担保や、マスクを外す時間を短くするための食事時間を短縮する等の対策ができる環境においてはこの限りではありません。

  

 なお、クラスター発生や感染防止策の不徹底など問題が確認されたイベント主催者については、結果報告資料の提出や今後開催予定のイベントに関して収容率上限100%の適用を行わないこと等要請させていただく場合もあります。

 

 

 感染防止安全計画等の策定による開催制限の緩和について

イベント1

イベント2

感染防止安全計画について

 感染防止安全計画(以下「安全計画」)の作成・実施により、人数上限等の制限の緩和を希望するイベント主催者におかれましては、イベント開催の2週間前までを目途に、県に対し、安全計画等を電子媒体にて提出ください。安全計画の作成にあたっては、業種別ガイドラインを参考にしつつ、個々のイベントごとに作成するものとし、必要に応じて専門家への事前確認や関係各府省庁への共有を行ってください。

また、イベント終了後、1か月以内を目途に、結果報告書を県に提出ください。

 

 【対象となるイベント】  5,000人超かつ収容率50%超のイベント「大声なし」が前提

  

※収容率の判断にあたっての「大声」を、「観客が、(1)通常よりもはるかに大きな声量で、(2)反復・継続的に声を発すること」と定義し、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントを「大声あり」に該当するものとします。

  

 <大声の具体例>

 ・観客間の大声・長時間の会話

 ・スポーツイベントにおいて、反復・継続的に行われる応援歌の合唱  など

  

<提出書類様式>

【別紙1】感染防止安全計画(PDF:274KB)  【別紙1】感染防止安全計画(ワード:29KB)  

記載する具体的な対策例(PDF:1,782KB)

【別紙2】催物結果報告フォーム(PDF:407KB)  【別紙2】催物結果報告フォーム(エクセル:19KB)

※同様のイベントを複数回・複数日開催する場合は、初回にまとめて提出可能です。

 

ワクチン・検査パッケージの適用について

 感染防止安全計画(以下「安全計画」)の対象イベントに関して、ワクチン・検査パッケージを適用することにより、緊急事態措置やまん延防止等重点措置期間においても、人数上限を収容定員まで緩和することができるようになります。本期間における制限緩和を希望するイベント主催者におかれましては、安全計画において、以下の2点を記載ください。

 

 1. 検査方法(PCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査等の種別及び事前送付、現地検査等の実施方法)

 2. 「ワクチン接種歴」または「検査結果の陰性」の確認方法

   【参考】ワクチン・検査パッケージ制度要綱(令和3年11月19日)(PDF:363KB)

   【参考】「ワクチン・検査パッケージ」の実施に係る留意事項等について(令和3年11月19日付け新型コロナウイルス等感染症対策推進室長事務連絡)(PDF:1,314KB)

 

 なお、安全計画の提出後、緊急事態措置やまん延防止等重点措置を実施する旨の公示が行われ、当該措置期間中にイベントを開催することとなった場合は、原則、ワクチン・検査パッケージを実施ください。

 

感染防止安全計画に係る県の相談窓口

 

・県有施設において開催する場合・・・施設所管課

・イベントの関係課が分かる場合・・・関係課(県関係団体が開催するイベント、県が後援するイベントなど)

・関係課が不明な場合・・・行政経営課(※イベントの内容によっては、所管する関係課が窓口となる場合があります。) 

 

 感染防止安全計画策定等に係る事務手続き

ibento3

 ※提出後に計画の変更が必要になった場合は速やかに県に連絡・相談してください。

 

 詳しくはこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部文化振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1371

ファクス番号:076-225-1374

Email:e130700a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?