• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 市ノ瀬ビジターセンター > 市ノ瀬ビジターセンター  毎月の見どころ(平成29年)

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

市ノ瀬ビジターセンター  毎月の見どころ(平成29年)

9月の見どころ

 9月に入ると市ノ瀬名物の綿毛の舞が始まります。ヤナギの仲間、ドロノキの白い綿毛が風に乗って雪のように飛散し、秋の風物詩となっています。自然観察路ではアキギリ、サラシナショウマ、アケボノソウ、ダイモンジソウ、サワアザミなど秋の花が色と姿を競います。ツリバナやミズナラ、クリなどの実に、実りの秋を知ることができます。

ドロノキ
白い綿毛をびっしりと付けたドロノキ。風が吹くと一斉に舞い上がります

アキギリ
赤紫色のアキギリ

サワアザミ
大柄で鮮やかなサワアザミ

ミズナラ
実りの秋を告げるミズナラのドングリ

ツリバナ
赤色が目立つツリバナの実

サラシナショウマ
長く白い花穂が優美なサラシナショウマ

ページの先頭へ戻る

8月の見どころ

盛夏の市ノ瀬では園路沿いに林立するウバユリに注目しましょう。大きな株では20個を超える花をつけ、あたりに芳香を放っています。花の数をかぞえてみるのも面白いですよ。
ほかにもシシウド、タマアジサイ、オトコエシ、ハンゴンソウ、アケボノソウなど、夏の花も競うように開花します。観察路ではオニグルミやマタタビ、サルナシなどの
木の実も見られ、8月末にはススキも穂を伸ばし、早くも秋の気配が感じられます。

ウバユリ
大柄な花が目を引くウバユリ

タマアジサイ
薄紫が美しいタマアジサイ

アケボノソウ
ハイカーに人気のアケボノソウ

サルナシ
頭上にぶら下がったサルナシの実

ページの先頭へ戻る

7月の見どころ

7月の市ノ瀬では、夏の花を楽しみましょう。まず梅雨の園地を彩るのはエゾアジサイ。青からピンクまで微妙な色の変化が楽しめます。夏空に似合うのは大柄なシシウド。涼しげな花ならソバナ、クガイソウ、ヤマブキショウマなど。
昆虫では旅をするチョウとして知られるアサギマダラや、いかつい頭が特徴のミヤマクワガタなどが見られるでしょう。

 

エゾアジサイ
梅雨の園地を彩るエゾアジサイ

シシウド
夏空に似合うシシウド

ソバナ
薄紫のソバナ

ヤマブキショウマ
花穂が涼しげなヤマブキショウマ

ミヤマクワガタ
ミヤマクワガタの飛翔

ページの先頭へ戻る

6月の見どころ

6月の市ノ瀬はエゾハルゼミの大合唱に包まれます。今年はいつもより早く5月初旬から羽化が始まりました。「ゲーキョ、ゲーキョ、ゲゲゲゲゲ」との鳴き声は市ノ瀬の初夏の名物です。周辺の園地では純白のバイカウツギやサワフタギ、香りのよいササユリなどの花が目を引き、市ノ瀬池などではモリアオガエルの卵塊も見られます。

エゾハルゼミの脱け殻
エゾハルゼミの脱け殻(平成28年5月29日)

バイカウツギ
純白のバイカウツギ(平成27年6月22日)

ササユリ
芳香を放つササユリ(平成27年6月23日)

モリアオガエルの産卵
産卵するモリアオガエル(平成27年6月13日)

ページの先頭へ戻る

5月の見どころ

市ノ瀬周辺の園地ではイワウチワやニリンソウ、ラショウモンカズラ、オオカメノキなど春の花が咲き競います。
岩屋俣谷園地の白山展望台や一部雪の残る白山パノラマ展望台も見どころ。残雪の白山と新緑のコントラストが楽しめます。 
ブナ平では新緑のブナ林で森林浴を満喫しましょう。

パノラマ展望台
パノラマ展望台から望む残雪の白山

展望台
気軽に行ける白山展望台

ブナ林
ブナ平の新緑のブナ林

ニリンソウ
ニリンソウの群落

イワウチワ
イワウチワ

ラショウモンカズラ
ラショウモンカズラ

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?