• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 生活環境部廃棄物対策課 > 廃石膏ボードの分類の変更について

ここから本文です。

更新日:2013年7月29日

廃石膏ボードの分類の変更について

廃石膏ボードの分類を見直しました

  工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた廃石膏ボードについては、県では、これまで「がれき類」として取り扱ってきたところですが、 分別解体の徹底化、廃石膏ボードの安定型最終処分場への埋立禁止等に鑑み、平成21年6月26日から次のとおり取り扱うこととなりました。

1  廃石膏ボードの分類について

  工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた廃石膏ボードは、 「ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず(以下「ガラ陶」という。)」として取り扱うこととします。

2  見直しに伴う経過措置について

(1)  排出事業者

  ア.委託契約書の取扱いについて

  廃石膏ボードの処理に関し、平成21年6月26日の時点で既に「がれき類」で締結している委託契約については、当該契約の更新又は平成22年3月末日までのいずれか早い日までの間に限り、委託契約を変更する必要はないものとします。

  イ.マニフェストの記載方法について

  廃石膏ボードの処理に関し、平成22年3月末日までの間において、「がれき類」として委託契約書を締結している場合には、マニフェストに「がれき類」として記載しても差し支えありません。
  なお、マニフェストの産業廃棄物の名称欄には「廃石膏ボード」である旨を明記してください。

(2)  産業廃棄物処理業者

  平成21年6月26日の時点で、「がれき類」の許可を取得しているものの「ガラ陶」の許可を取得していない産業廃棄物処理業者で、引き続き廃石膏ボードを取り扱う場合にあっては、本来は変更許可の対象となりますが、

平成21年12月末日までに本通知に基づき許可品目に「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(但し、廃石膏ボードに限る。)」を追加する旨の変更届を提出した場合には、

内容を審査し、特段の支障がないことが確認した上で、許可品目に、「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(但し、廃石膏ボードに限る。)」を追加し、許可証を交付します。

  なお、平成22年3月末日までの間においては、廃石膏ボードの分類に関し、無許可変更等に該当しないものとします。

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部廃棄物対策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1472

ファクス番号:076-225-1473

Email:e170300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?