• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年1月17日

知事記者会見(年頭知事会見) - 平成31年1月4日 - 1 道路ネットワークの整備

その他

1  道路ネットワークの整備

  次に、道路ネットワークの整備であります。

○のと里山海道の整備

のと里山海道の整備(JPG:194KB)

(パネル「のと里山海道の整備」で説明)

  一つはのと里山海道でございますけれども、新幹線開業を見据えまして、県が135億円の債権を放棄する形で、無料化を決断させていただきました。その後の交通量は無料化前の約2倍となるなど、大変多くの方々にご利用をいただいております。

  そこで、自動車専用道路としてのさらなる機能強化を図るために、4車線化を羽咋市の柳田インターチェンジ以北にも延伸するということにいたしまして、整備効果を早期に発現しようということで、上棚地内のゆずりレーンを南側へ延伸する形で工事を進めてまいりました。

  この整備により、全長3.4kmの里山海道最長のゆずりレーンが誕生する予定でございます。

  ここですね。ここが上棚のゆずりレーンですが、ここからこちらへずーっと延長する形で4車線化の工事を今進めておりまして、この区間が3.4kmということで、里山海道で最も長いゆずり区間ということになるわけでございます。

  この整備によりまして、当初は東京オリンピック開催前の供用を目指して整備を進めておりましたけれども、工事が予想のほか順調に進捗しておりますことから、供用時期を前倒しして、来年の春の供用を目指すことになりました。

  さらに、間断なく4車線化を進める観点から、来年度からは金沢から能登方面へ向かう際の、皆さん方も経験しておられますが、ボトルネックとなっております柳田インターチェンジ以北の急勾配区間の工事を加速させることにいたしました。

  ここですね。ここまでは4車線化はもう完成してますが、ここからぐっと2車線になって、しかも上り坂になってますので、ここで大変渋滞が起きるわけであります。次にここが終わりましたら、次はここのところの4車線化を進めていきたい。そしてボトルネックを解消したいというふうに考えています。

○加賀地域の道路整備

加賀地域の道路整備(JPG:263KB)

(パネル「加賀地域の道路整備」で説明)

  加賀地域におきましては、加賀海浜産業道路の手取川の架橋工事と南加賀道路のJRの跨線橋の工事が、これも順調に推移をいたしております。北陸新幹線敦賀開業までに完成・供用する目処が立ったところでございます。 

  一つは加賀海浜産業道路、この南加賀地域は、ものづくり企業の集積が大変高い地域です。ここでつくられた製品を、この道路を使って金沢港へ運んでもらう。金沢港から輸出をする。そういう形での大変大事な道路で、この橋が一番鍵を握るところだったんですが、今供用工事を進めておりますけれども、これがだいたい目処が立ってきた。敦賀開業までに完成させる目処が立ってまいりました。

もう一つは、南加賀道路。加賀インターと山代温泉や片山津温泉、山中温泉とのアクセスを向上させようということで、この南加賀道路の整備を進めてまいりましたが、赤の部分だけが残っておりました。これがつながることによって、加賀インターからのアクセスが非常に良くなる。ここのところも北陸本線をまたぐという形で、今JRさんに工事を委託しているわけでありますが、これも敦賀開業までに間に合うという見通しが立ってまいりました。

今後とも、県内各地の時間距離の短縮による人やモノの交流拡大に向けまして、道路ネットワークの整備を着実に進めてまいりたい、こういう考えであります。

以上

●目次に戻る   ●前に戻る   ●次へ進む

 

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?