• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > > 食の安全・安心 > 食品衛生 > キザミのり(焼きのり)の自主回収について

ここから本文です。

更新日:2017年3月7日

キザミのり(焼きのり)の自主回収について

平成29年2月に東京都などで、キザミのり(焼きのり)を原因食材とするノロウイルス食中毒が発生しました。
今般、関連が疑われる「キザミのり」など複数の製品について、自主回収が行われていますので、お手元に当該製品がありましたら、食べずに購入した販売店に返品するようお願いします。
万一、当該製品を食べて体調を崩された場合は、医療機関を受診いただくと共に最寄りの保健福祉センターにご連絡願います。

自主回収情報(消費者庁リコール情報サイト)

ノロウイルスについて

特徴

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。11月から3月にかけて流行し、感染すると胃腸炎を起こします。
人から人へ感染する場合と食品から感染する場合があります。

症状

1~2日の潜伏期間ののち、下痢、おう吐、発熱等を起こします。

原因食品

生又は加熱不十分の二枚貝、ノロウイルスに感染した調理従事者の手洗い不足により汚染された食品

予防方法

カキなどの二枚貝は、中心部まで十分に加熱してから食べましょう。(食品の中心温度85~90℃で90秒以上の加熱が必要です。)
調理前や用便後、肉を取り扱った後は、しっかり手洗い・消毒を行いましょう。
調理器具は十分洗浄し、熱湯や塩素系消毒剤等で消毒しましょう。

 

お問い合わせ

所属課:健康福祉部薬事衛生課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1443

ファクス番号:076-225-1444

Email:seieika2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?