• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 生活 > ペット・動物愛護 > 犬猫の夜間展示規制について

ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

犬猫の夜間展示規制について(犬猫販売業者、貸出業者、展示業者の皆様へ)

犬及び猫を夜間に展示することは禁止されています。

平成24年6月1日から、犬猫販売業者、貸出業者及び展事業者が犬又は猫を午後8時から午前8時まで(夜間)に展示することは禁止されています。また、この時間帯に犬又は猫を顧客と接触させたり、譲り渡したり、引き渡す行為も禁止されています。

午後8時を過ぎて、店舗内で他の商品の販売を行うなどで店を開けている場合は、犬又は猫をバックヤードに移す、店舗内の飼養施設等をついたてやカーテン等で隠すなどして顧客から見えないようにしてください。また、顧客が飼養施設に立ち入ったり、カーテン等をめくらないように表示するなどの措置をとってください。

ただし、「特定成猫」については、午後8時から午後10時までの間は展示規制の対象外です。

特定成猫とは

  • 生後1年以上である猫。
  • 午後8時から午後10時までの間に展示され、休息できる設備に自由に移動出来る状態で展示されている猫。

特定成猫の展示時間

1日の展示時間が12時間を越えてはいけません。

展示時間とは、展示開始時刻及び展示終了時刻の内、最も早い時刻から最も遅い時刻までの時間のことを言います。

つまり、「展示時間の内、実際に展示される時間」と「展示時間の内、展示されない時間(休息時間)」の合計が12時間を越えてはいけないということになります。よって、展示する猫を途中で交代させても、特定成猫を1日12時間以上展示することは出来ません。

特定成猫の飼養施設

夜間のうち展示を行わない間に店舗内で他の商品の販売を行うなどで店を開けている場合は、顧客や見学者などが飼養施設に立ち入ったり、カーテン等をめくらないように表示するなどの措置をとってください。また、この間に特定成猫を顧客と接触させたり、譲り渡したり、引き渡さないようにしてください。

高齢猫の取扱い

高齢猫(生後11年以上の猫を目安とする。)の展示を行う場合には、定期的に健康診断を受けさせる、展示時間を短くする、半年に1回程度動物病院において健康診断を受けさせることなど、健康に配慮した取扱いに努めてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部薬事衛生課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1443

ファクス番号:076-225-1444

Email:seieika2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?