• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2018年2月27日

―シンガポール駐在員便り 2017年6月―

東南アジアでのビジネス拡大の取組

  石川県シンガポール事務所の田原です。今回は、東南アジアでビジネス拡大に取り組む県内企業の方々を中心にご紹介します。海外でビジネスの種を探す方、種まきをする方を県事務所は全力で応援します。

株式会社米屋(野々市市)魚住さん 

  シンガポールで日本食スーパーといえは、明治屋と伊勢丹スコッツ店が代表的で、その2店舗でシンガポールの日本食市場の約7割を占めるといわれるほど、現地でシンボリックな存在です。その伊勢丹から株式会社米屋の門前米が高く評価され、4月下旬に一週間程度、同店舗にて、同社魚住さんが来星し、PRイベントを開催していました。

 現場に行くと、欧米人やシンガポーリアンが試食され、粒の滑らかさや甘さを高く評価し、次々と購入する姿を多く見ることができました。伊勢丹へ買い物にくるお客さんは、裕福な方が多く、味や品質などにとても敏感です。そうした方々が積極的に購入していくのは、門前米のクオリティーが市場に認められている証拠だと思います。また、頑張って営業されている魚住さんは端整な顔立ちをされているので、それもプラスに働いたのかもしれません(笑)。

 イベント後、魚住さんとお話する機会があり、魚住さん曰く「国内市場の開拓は継続しつつ、新たな市場を求めて海外にも積極的に展開したい。ただし、しっかりと市場調査をする必要があり、こうして現場に足を運び、市場の流れや客の反応を直に確認することが重要。採算が取れるまで年単位で時間がかかるのは当たり前で、採算がとれるような生産・物流体制を国内で構築していく努力も必要」とのお話をいただきました。

 イベントを一過性のものとすることなく、次のステップへの足掛かり、気付きの機会にする魚住さんの海外展開を県事務所として今後も応援させていただきます。

201706-1

お客さんに商品説明をする魚住さん

 

CLEO HAIR International(Singapore) 瀬川さん

  次は、シンガポールに在住して現地美容室に在籍し、自身の美容室開設に向けて取り組む石川県出身の瀬川さんをご紹介します。県内にも多くの美容室を持つ瀬川さんは、数年前単身でシンガポールに来られ、自らで現地美容室をまわり、現在、CLEOという現地の方が95%を占める美容室で働いています。現地でも有名な美容室で、カットやカラーの料金も高めに設定されており、生活に余裕のある女性をターゲットにしているヘアサロンです。

 その瀬川さんですが、現在、シンガポールにて自らの理想を追求したヘアサロンの立ち上げに奔走されています。そんな瀬川さんとお話する機会があり、感銘を受けた話がありましたので、ご紹介いたします。

 海外展開を目指されたきっかけは、市場開拓という面のみならず、人材教育として海外市場を活用したいとの考えからだそうです。聞けば、髪型やカラーなどは国によって好みが違うのは当然ですが、カットなどの技術面においても学ぶべきポイントが海外には沢山あるとのことです。国内では、自身の技術に絶対の自信を持っていても、それを海外にそのまま持ってきても通用しないとのことで、技術を見つめ直す良い機会になるようです。

 また、海外に支店があることで、県内の若手従業員のモチベーションアップや離職防止、技術力の向上等に繋がると考えておられ、従業員をしっかり育てていくという強い気持ちを感じることができした。従業員は企業の礎であり、人材を確保すること、教育することは企業の存続にとって極めて重要なことだと思います。

 県事務所としても、瀬川さんがこれから立ち上げるヘアサロンが石川とシンガポールの架け橋となるよう、店舗設立に向けたご支援をさせていただきます。

マレーシア・クアラルンプールでの物産展

  昨年に引き続き、今年もクアラルンプールにある伊勢丹KLCC店にて石川フェアが開催されました。県内の食品企業が主体的に取り組むイベントであり、石川県のブランディング、認知度向上に大きく貢献しています。企業が自主的に取り組むイベントに、県事務所としても出来る限り応援させていただきます。

 参加企業:逸味潮屋、加賀麩不室屋、中田屋、高澤醸造、海道物産、笠井食品、鳥珍や

201706-2       201706-4

石川フェアの様子

シンガポールのミシュラン一つ星「すし道Shinji」での石川フェアの開催

 5月11日、高級寿司店Shinjiにて石川イベントを開催しました。ご来場いただいた方は口を揃えて、次回は石川県に観光に行くよと言っていただきました。ある飲食関係の社長さんはSNSにイベント内容をアップしてくれたので、来場者数+αの効果があったのではないかと感じています。こうしたフェアを通じて、現地での本県に対する認知度向上に努めてまいります。

201706-3

 スライドにて石川県をPR

 

 今回の駐在員頼りは以上となります。

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

                         

日本貿易振興機構(JETRO)シンガポール事務所

石川県駐在員  田原 雅比古
16 Raffles Quay #38-05 Hong leong Building Singapore 048581 JETRO singapore

TEL:(65)-9008-3297  FAX:(65)-6224-1169

E-mail:Masahiko_Tahara@jetro.go.jp

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課:商工労働部産業政策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1511

ファクス番号:076-225-1514

Email:syoukou@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?