• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2018年2月27日

―シンガポール駐在員便り 2017年5月―

着任のごあいさつなど

   はじめまして。今年度より、成田の後任としてシンガポール事務所に着任しました田原雅比古(たはら まさひこ)です。どうぞ宜しくお願いします。2014年(平成26年)10月に事務所を開設して、2代目の駐在員となります。こちらに来る前は、産業政策課に在籍し、東南アジア関連の仕事をはじめ、石川県の機械産業の方々の販路開拓や設備投資などを支援させていただいていました。

 今後は、現地にて企業の皆様方の東南アジア展開をサポートさせていただきますので、何かあればお気軽にご連絡下さい。事務所はシンガポールにありますが、所管エリアは東南アジア全体なので、シンガポールの案件のみならず、色々な地域・内容についてご相談いただけますと幸いです。全く遠慮する必要はありませんので、海外展開したいという強い意気込みをもった方からのご連絡をお待ちしております。

 さて、先月着任したばかりということもあり、目下の業務として、現地関係者とのネットワークづくりに奔走しております。ここでは販路開拓やインバウンド、国際交流など多岐にわたる仕事があり、人的コネクションがないと仕事ができないので、各分野のキーマンとなる人物に積極的にアポ入れして、日々、あちこちに出かけています。

201705-1

 前任の成田の送別会※チャンギ空港にて(左から田原、クレイグ、成田)

シンガポールの事業承継・M&A

  そこで、まずは先日、日系商社OB、現地会計事務所の公認会計士と食事をする機会があり、その際に聞いた内容をお話します。

 日本と同様、シンガポールの中小企業(特にブルーカラーの職種)においても事業承継の波がきており、自社の売却を希望する企業がたくさんいるとのことです。ジェトロの統計でも、シンガポールは2015年以降、高齢化が加速し、総人口は約1%ずつ増加するのに対して、65歳以上の人口の割合が11.7%(2015年)、15.5%(2020年)、20.0%(2025年)、24.5%(2030年)と急上昇しています。

 事業承継が上手くいかないのは後継者不足が原因で、今の若い世代はホワイトカラーの仕事に憧れ、なかなかブルーカラーの仕事に就きたがらないようです。また、親としても子供に自分の会社を継がせたくないと感じているところも多いようです。日本国内ではよく聞く話ですが、シンガポールにもやはりあるんですね。少し寂しい話です。

 こうした企業の中には、利益率が高く、ビジネスを継続する価値のある企業がたくさんあるようで、シンガポール国内で頻繁に売り買いされているとのことでした。また、有望な技術等を有する(ベンチャー)企業があれば、投資ファンドも積極的にM&Aをしているようです。

 話を聞いていて残念だったのは、こうした情報がほとんど日本に流れず、同国内で消化されている状況であり、日本に届くようなM&A案件は、現地の色々な投資ファンドが金を突っ込んだ後の揉みくちゃになった後のものが多く、ほとんどうまみが残ってないようです。

 日本に情報が届かないのは、物理的な距離というより、情報を収集するために必要な言語の壁(英語力)や現地のキーマンと繋がっていないことに原因があるようです。もし、現地の生のM&Aに関する情報をご入り用の方がいらっしゃれば、いつでもご連絡下さい。シンガポールに限らず、インドやベトナムなどの幅広いエリアの話で、色々な話をお聞かせできると思います。。

県シンガポール事務所 

    改めまして、簡単に事務所を紹介します。事務所はシンガポールのオフィスエリア「ラッフルズ・プレイス」にある、「ホン・リョン・ビルディング」という建物の38階ジェトロ・シンガポールの中にあります。もし、タクシーでご来所される際は、この建物の名前だけ言えば、近くのタクシースタンドまで連れていってもらえます。このビルの知名度は高いようです。

    所員にはナショナルスタッフのクレイグがいます。日本語が分かるとても優秀な職員で、ジェトロ内では前任の成田のしごきに耐えた人物として、所内では一目置かれているナショナルスタッフです。そして、成田とは随分キャラクターが(年齢や性格といった全ての面で)違いすぎて、赴任時、所内のナショナルスタッフがざわついたという田原の2名で事務所を構えています。

    今後とも、全力で頑張っていきますので、ご用命等あれば何なりとご連絡下さい。どうぞ、よろしくお願いします。  

                          

201705-2

 石川県シンガポール事務所

 

 

日本貿易振興機構(JETRO)シンガポール事務所

石川県駐在員  田原 雅比古
16 Raffles Quay #38-05 Hong leong Building Singapore 048581 JETRO singapore

TEL:(65)-9008-3297  FAX:(65)-6224-1169

E-mail:Masahiko_Tahara@jetro.go.jp

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課:商工労働部産業政策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1511

ファクス番号:076-225-1514

Email:syoukou@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?