• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > ツキノワグマの特徴と生活

ここから本文です。

更新日:2015年6月23日

ツキノワグマの特徴と生活

特徴

ツキノワグマのシルエット

州に分布するクマはツキノワグマです。

キノワグマは視力が弱く、聴力と嗅覚に頼って行動、生活しています。

型で行動は鈍そうですが、人より速く走ることができます。

 

  • 体長                      :110~130センチメートル
  • 体重                      :50~100キログラム
  • 視力                      :あまり良くない
  • 聴力                      :非常に優れている
  • 嗅覚                      :人の気配も嗅いで識別できる
  • 性格                      :おとなしい。子連れの親は強気。
  • 得意な運動         :木登り、水泳
  • 好きな場所          :エサ場
               例:沢沿い、ハチ・アリの巣のあるところ、 ドングリ林等
  • 石川県での分布 :七尾市以南の石川県南部の山間地

分布

 H27seisokubunpu

生活

生息数

約800頭。ここ数年増加しています。

足あと

足跡

 

食べものは

  雑食性ですが、おもに山菜や木の実などの植物が中心です。
  特に好きなのは、春はブナの花、夏はアリやハチ類、秋にはブナやクリ、クルミなどの木の実などです。

行動範囲は

  クマは大人になると25~100平方キロメートルをテリトリーに行動します。
またエサの豊富なところに何頭ものクマが集まることがあります。

よく集まるところは

  エサが豊富なところによく集まります。
  春は、沢沿い、夏はノイチゴの多い林や、アリやハチの巣のあるところ、秋はクルミ、ドングリ、ヤマブドウなどの木の実の多い森です。人里近くに果実をとりに出没することもあります。

活動する時間帯は

  夏、一日の中で活発に活動するのは朝夕です。春、秋は昼もよく活動しています。人家の近くへは、夜間にやってくることもあります。

クマと遭遇しやすい時期は

  クマとの出会いによる事故が多いのは、春の山菜採りと、秋のコケ(キノコ)採りの時期です。山菜の多い場所にはクマもいることが多いので、山に入るときは音の出るものを身につけて歩くようにしましょう。

冬は

  12月中旬から4月初旬まで岩穴や樹洞で冬篭もりします。この間にメスは1~2頭の子供を産みます。

冬眠熊

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部自然環境課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1476

ファクス番号:076-225-1479

Email:e170500@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?