• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 生活環境部自然環境課 > 県内で特定外来生物「ソウシチョウ」が発見されました

ここから本文です。

更新日:2015年12月15日

県内で特定外来生物「ソウシチョウ」が発見されました

平成27年11月7日(土)JR金沢駅周辺で、同年11月16日(月)小松市須天町内において、特定外来生物「ソウシチョウ」の死亡個体が発見されました。

本種はウグイスやメジロ等の在来種と競合し、生態系に大きな被害を与えるおそれがあります。

特徴

全長14~15㎝でスズメ大です。

嘴は赤く、体色は黒い緑色です。喉は鮮やかな黄色で、翼に赤と黄の斑紋があります。

群れをつくり、昆虫や果実を食べます。

ソウシチョウ 写真:環境省提供

繁殖期は4~10月です。

1年に複数回繁殖することもあり、1回の繁殖で3~4個の卵を産みます。

 生息場所

 ササ類が繁茂する広葉樹林を好み、標高の高い所で繁殖します。

越冬期には標高の低い地域に移動します。

ソウシチョウによる被害

在来種との餌や生息場所をめぐる競合や、餌となる昆虫類の捕食等により、日本の生態系に大きな影響を与えるおそれがあります。

 営巣場所にカケス等の捕食者が誘引され、ウグイスやメジロ等の繁殖に悪影響を与える可能性があります。

ペットとして新たに飼育することはできません

ソウシチョウは平成17年6月1日に特定外来生物に指定されました。

特定外来生物は外来生物法により飼育や保管、運搬等が禁止されています。

ソウシチョウをペットとして飼育することはできません。

※特定外来生物の指定前から飼育している個体は、環境大臣の許可を受ければその個体一代に限り飼育することができます。

情報をお寄せください

今後、県内においても本種が定着することによる生態系等への影響が懸念されます。

本種を見かけた場合には、写真等情報の提供をお願いします。

 

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部自然環境課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1476

ファクス番号:076-225-1479

Email:e170500@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?