• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > イベントカレンダー > 時をいただく贅沢 石川スローツーリズム

ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

時をいただく贅沢 石川スローツーリズム

トラベルジャーナリスト寺田直子さん、ローカルガストロノミーの提唱者である自遊人編集長岩佐十良さんと一緒にめぐる「時をいただく贅沢 石川スローツーリズム~田の神様と漁の神様と生きる立春の能登に出会う~」を開催します。(2月9日(土曜日)~10日(日曜日)、オプショナルプログラム2月11日(月曜日・祝日))

2月9日は「田の神送り(春のあえのこと)」の日。12月から家族と一緒に過ごした田の神様を、田にお送りする大事な日です。
このユネスコ無形文化遺産にも登録されている能登の農耕儀礼、能登に暮らす職人の技が織りなす、「能登の職人がもてなす食談会」など、立春の能登ならではの食を中心に、能登の里山里海の風土と、そこに暮らす職人との出会いをお楽しみください。

<プログラム>
◆トラベルジャーナリスト寺田直子さん、自遊人編集長岩佐十良さん同行プログラム
2月9日
・能登町中家の「田の神送り(あえのこと)」と
中氏と神様の御膳を囲んだ昼食(柳田植物公園:能登町)
・赤木明登うるし工房(輪島市)の訪問
・能登の職人がもてなす食談会(L'Atelier de NOTO:輪島市)
L'Atelier de NOTO 池端 隼也
MALGA GELATO 柴野 大造
Villa della Pace 平田 明珠
初お披露目となるガストロノミージェラートなど
能登の食材を使用して3人の職人でつくりあげるコースと、
農業者、漁師などの食材を生む職人とお話しをお楽しみください。

2月10日
・池端隼也シェフとの朝市ツアー
・和食の隠れ家「日本料理 富成」の昼食
・ソムリエのガイドによる能登ワイン醸造場の見学

◆オプショナルプログラム(能登島ペスカグリ・ネットワーク)
2月11日
・「起舟祭」を迎えた漁港の見学
・「鱈のおぼろずし」づくり体験と鱈料理の昼食
・地元案内人とまわる漁師の町、鰀目の散策

<募集企画>
石川県、奥能登中央地区スローツーリズム・ネットワーク、能登島ペスカグリ・ネットワーク

<協力>
株式会社自遊人

<旅行企画・実施>
株式会社冨士交通

開催日時

2019年2月9日~2019年2月11日  

募集人数

12名

費用

◆同行プログラム(2月9日、10日)40,000円
(プログラム中の運送機関の料金、食事代(9日昼食、夕食(飲み物ペアリング)、10日昼食)、体験費用含む)
◆オプショナルプログラム(2月11日)5,000円
(プログラム中の運送機関の料金、食事代(昼食)、体験費用含む)

申込方法

石川県農林水産部里山振興室交流推進グループにご連絡ください。
詳細の資料を送らせていただきます。
電話番号:076-225-1629
Email:satoyama@pref.ishikawa.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部里山振興室 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1629

ファクス番号:076-225-1618

Email:satoyama@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?