• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 環境 > 地球温暖化対策 > 冬の省エネ・節電について

ここから本文です。

更新日:2014年11月20日

冬の省エネ・節電について

ちょっとしたくふうで、省エネ・節電しながら、冬を暖かく過ごしませんか。

  冬は暖房や照明の使用が多くなるため、エネルギーの需要が高まります。国では、11月から3月までの冬期間における、「冬季の省エネルギー対策について」を公表し、家庭やオフィスでの省エネルギーへの取組をよびかけています。

  ちょっとした工夫で、生活に支障を生じない範囲での省エネ・節電に取り組み、冬をエコで暖かく過ごしましょう。

 

冬の省エネ・節電の取組

  • 暖房時の室温が20℃となるように設定する。
  • 暖房を使うときは、扇風機などを併用し、空気を循環させる。
  • 窓に断熱シートやカーテンをかけて暖房効果を上げる。
  • エアコンは早めのスイッチオフを心がけ、無理のない範囲で使用時間を短くする。
  • エアコンのフィルターを月1、2回清掃する。
  • 窓に二重サッシや内窓(インナーサッシ)を設置して、断熱効果を上げる。
  • 冷蔵庫の温度は「弱」に設定する。
  • 冷蔵庫にものを詰め込みすぎない。
  • 冷蔵庫の扉を必要以上に開閉しない。
  • 人のいない部屋の照明はこまめに消す。
  • 白熱電球をLED電球や電球型蛍光ランプに付け替える。
  • テレビを見ないときは消す。
  • テレビの画面は明るすぎないように設定(輝度を調節)する。
  • トイレの暖房便座は「低」に設定する。
  • 電気ポットの保温は控え、その都度沸かす。
  • 炊飯器の保温は控え、その都度電子レンジで温める。
  • 野菜の下ごしらえに電子レンジを使う。
  • ガスコンロの炎は大きすぎないように調整する。
  • 食材を買うときは、地元産のものを選んで買う。
  • 部屋を片付けてから掃除機をかける。
  • 掃除機のフィルターはこまめに清掃する。
  • 自動車を使わず、バス・電車・自転車・徒歩で外出する。
  • 自動車を運転するときは、ふんわりアクセルを心がける。
  • お風呂は冷めないうちに続けて入り、なるべく追い炊きをしない。
  • 省エネ型の家電製品に買い替える。
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を導入する。
  • こたつなど効率のよい部分暖房を活用したり、電気カーペットは必要最小限の部分だけ温める。
  • 家族そろって鍋料理を食べるなど、食事のときは、家族みんなで一つの部屋に集まる。 
  • 電気使用量を定期的に確認する。

 

省エネ家電・機器の選択・購入

家電・機器(エアコン、テレビ、冷蔵庫、ストーブなど)の購入にあたっては、より省エネルギー性能の高い機器を選択します

          ※省エネ家電・機器の性能カタログです。購入の際の参考にしてください。

 

エコドライブの実践

自動車に乗るときは、エコドライブを実践します

  • ふんわりアクセル (最初の5秒で時速20kmを目安とした、おだやかな発進)

                                                  ※雪道発進のイメージで

  • 早めのアクセルオフ
  • アイドリングストップ
  • タイヤの空気圧を適正に保つ        など

 

 省エネ・節電の取り組みは、いしかわの「エコリビングマニュアル」でも紹介しています!

 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部温暖化・里山対策室 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1462

ファクス番号:076-225-1479

Email:ontai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?