• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 環境 > 地球温暖化対策 > エコギフトによる頑張る学校・地域支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年2月7日

エコギフトによる頑張る学校・地域支援事業

事業概要

エコギフトとは

  県では、いしかわ学校版環境ISO認定校・いしかわ地域版環境ISO認定地域が取り組む環境保全活動を評価し、特に優れた活動を行っている学校・地域に対し、環境教育教材や、これからの活動に必要な機材などを「エコギフト」として贈呈しています。

募集対象

  募集の前年度までにいしかわ学校版環境ISOの認定を受けた学校、いしかわ地域版環境ISOの認定を受けた地域(公民館や町内会など)

  ※ただし、募集の開始日において、認定期間内であることを条件とします。

 エコギフト贈呈品

  エコギフト贈呈品を例示します。受賞決定後には賞位や各校・各地域の要望に応じて、ご提案・ご相談を賜っております。

エコギフト申請

 当該年度に募集の対象となるいしかわ学校版環境ISO認定校・いしかわ地域版環境ISO認定地域へ通知にて、申請に関するご案内をしております。

 ※およそ夏頃のご案内を予定しております。

エコギフト受賞例

平成24年度エコギフト大賞受賞 邑知地区まちづくり推進協議会

 邑知1  邑知1

 邑知地区ではホタルの保護活動に取り組んでいます。農薬の使用を控えるよう呼びかけたり、住民向け学習会や保育園・小学校への出前授業などを行い、ホタルが生息できる環境の大切さを啓発。今ではホタルの名所として、県内外からも見学者が訪れる人気スポットになっています。

 エコギフト「ホタル保護学習会開催セット(プロジェクターとスクリーン、ホタルDVDなどのセット)」贈呈。

平成24年度エコギフト金賞受賞 能登町立鵜川小学校

鵜川1  鵜川2

 6年生で結成した「環境を守り隊」が、水・電気・給食残・ゴミ・紙の5つのテーマで活動し、環境負荷の削減に取り組んでいます。先輩の6年生が後輩に指導し、守り隊の活動が継承されていく仕組みが、学校における環境教育において効果的に働いています。「エコ集会」による啓発、振り返り、情報発信などを通じて、水道使用量や電気使用量などの環境負荷も、軒並み削減することに成功しました。

 エコギフト「エコ・自然学習発表セット(プロジェクターとデジタルカメラのセット)」贈呈。

  その他、エコギフトの受賞団体における活用例はこちら。

 

平成23年度エコギフト大賞受賞  かほく市立金津小学校

 金津小学校

  家庭へのエコ活動波及を図るため、夏休みは各家庭においてエコ活動の目標を定めてもらうほか、独自の節電エコライフ作戦に40日間取り組み、全家庭合わせて477.7kg(955.4kwh)のCO2を削減。校地内にある「金津の森」を生かした自然体験を学年ごとにテーマを決めて取り組み、学習内容をワークショップ形式で発表。また、環境委員会は緑化活動、すこやか委員会は給食残を減らす活動など、6つの委員会すべてにおいて、各テーマに沿ったエコ活動を実施しています。

  エコギフト「独立型太陽光発電装置」贈呈。

平成21年度エコギフト銀賞受賞  羽咋市立邑知中学校

邑知中学校

  毎月の電気・水道使用量を調査し、前年度と比較してグラフ化し、掲示物や配布物での周知とエコ啓発を行っています。また、学校園を造園し、春夏あわせて8000株の草花を育て、育てた花の苗は地区の公民館や福祉施設に寄付しています。そのほか、羽咋市が行う「なぎさクリーン運動」への参加や、年2回、全生徒・全職員・全保護者参加の資源物回収等も行っています。

  エコギフト「自然エネルギー体験4点セット」(自転車発電機、ソーラークッカー、風力発電実験セット、CO2モニターのセット)贈呈。

平成22年度エコギフト大賞受賞 石川県立津幡高等学校

  津幡高等学校

   「石川の空へトキを再び」を合言葉に朱鷺サポート隊を結成し、トキの餌となるドジョウの養殖を進めるなどの活動を行っています。また、地域に食と農と環境の大切さを伝えるため、町内の保育園や小学校、福祉施設28カ所の方々にグリーンカーテン作りのための資材提供を行ったり、野菜の収穫体験など、地域に環境保全活動の大切さを発信しています。

   エコギフト「トキ保護活動サポートセット」(ドジョウ飼育水槽に使用する水の循環ポンプと独立型太陽光発電装置のセット)贈呈。

 平成23年度エコギフト金賞受賞  白山市立蝶屋公民館

 蝶屋公民館

  グリーンカーテン作りに地域児童と共に取り組むほか、地域住民にゴーヤの種を配布し普及啓発。また、蝶屋公民館が地区のとりまとめ公民館であることから、地区内各公民館に「温度・湿度計」や省エネ啓発ポスターなどを配布し積極的な呼びかけを行いました。食器の使い捨てを減らすため、箸とお椀を200人分購入し、公民館でのイベントで使用するほか、貸し出しも行っています。

  エコギフト「ソーラーエネルギー体験セット」(太陽光発電装置とソーラークッカーのセット)贈呈。

平成20年度エコギフト金賞受賞  小松市梅田町町内会

 梅田町町内会

  水分を含んだ生ゴミは水切りネットに入れて乾燥干しさせる「生ゴミ水切り干せ干せ大作戦」や、夏至や冬至の日は家族が一つの部屋に集まって団らんし省エネを図る「ワンルーム団らんナイト」などを実施しています。また、月毎に環境目標を設定したり、年1回、住民向けにごみ分別講習会を開催しています。これらの環境保全の取組は、小松市内の各町内会へと広がりを見せています。

   エコギフト「地域版  更なる省エネ推進セット」(LED蛍光灯など省エネ機器のセット)贈呈。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部温暖化・里山対策室 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1462

ファクス番号:076-225-1479

Email:ontai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?