• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 農林水産部 農業政策課 技術管理室 > 農林水産部建設工事総合評価方式について

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

農林水産部建設工事総合評価方式について

農林水産部の総合評価方式について

平成17年4月から「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行されています。

   「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針について」(平成17年8月26日閣議決定)には、 『公共工事の品質確保を図るためには、発注者が主体的に責任を果たすことにより、技術的能力を有する競争参加者による競争が実現され、経済性に配慮しつつ価格以外の多様な要素をも考慮して価格及び品質が総合的に優れた内容の契約がなされることが重要である。』と記されています。

 このことを踏まえ、農林水産部では平成18年10月より総合評価方式を試行しています。

なお、平成28年度の主な改正点は次のとおりです。

  • 簡易型(1 )、簡易型(2 )における企業の技術力「優良工事」の評価基準及び配点を見直しました。なお、平成28年度4月1日以降に公告を行う工事から適用します。
  • 簡易型(1 )、簡易型(2 )における地域貢献度「災害活動」の評価基準運用を見直しました。なお、平成28年度4月1日以降に公告を行う工事から適用します。

         平成28年度総合評価方式の改正点内容(PDF:83KB)

若手技術者育成方式試行の試行について

   若手技術者の育成を図るために、総合評価方式において、若手主任技術者に加え若手を指導する技術者(指導技術者)を配置した場合に、実績を指導技術者で評価することで若手技術者を配置しやすくする方式(若手技術者育成方式)を平成27年1月より試行しています。

平成28年6月3日より、主任技術者及び現場代理人の兼務等の取扱いが変更になったことに伴い、要領及び質疑応答等を改定します。

なお、指導技術者の兼務については、「主任技術者・監理技術者等に関する取り扱いについて」のページをご参考下さい。

工事の入札・契約関係について

農林水産部の入札・契約関係につきましては、土木部と同様の取扱いを行っています。

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部農業政策課技術管理室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1617

ファクス番号:076-225-1891

Email:e210100@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?