• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2015年2月5日

能登牛について

能登牛とは  

県内で肥育されている黒毛和種(毛色が一面に黒またはこげ茶)の肉牛の中で、全国同一の基準で格付された肉質、肉色などの優れたものを「能登牛」という名称で認定しています。

 

 ●能登牛の基準

  ・黒毛和種(血統が明確であるもの)

  ・石川県内が最終飼養地であり、かつ飼養期間が最長

  ・肉質等級はA3以上またはB3以上    他

 

能登牛は、平成19年10月に地域団体商標として登録されています。 

  ※地域団体商標・・・地域ブランドを適切に保護するために設けられた商標登録制度。

 

能登牛の認定について

  石川県内の肉用牛関係団体で構成した能登牛銘柄推進協議会が能登牛の基準を満たしたものを認定し、「能登牛証明書」を発行しています。また、店頭に並ぶ際には「能登牛シール」が貼付されています。(全てに貼付してあるわけではありません。)

 

能登牛のおいしさとは

  能登牛は、能登の美しい自然と潮風が吹く素朴な風土で丹誠込めて育てられています。

  肉質はきめ細やかく上品な脂が特徴です。牛肉のやわらかさや香りは脂肪の中に含まれる「オレイン酸」の含有率で変わります。この値が高いほど、とろけるような食感が味わえるとされています。能登牛は和牛のオリンピックとも呼ばれる「第9回全国和牛能力共進会」で、このオレイン酸の含有率が最も多く、脂肪の質に優れていたので「特別賞」を受賞しました。

個体識別番号の検索について

  能登牛を含め、日本国内の全ての牛に一頭ずつ、生涯唯一の番号で識別・管理し牛の異動履歴を把握することができるのが個体識別番号です。店頭で販売されている牛肉に記載されている、個体識別番号により牛の異動履歴を検索することができます。

  個体識別番号検索はコチラから→https://www.id.nlbc.go.jp/top.html

年間1000頭を供給できる体制づくり

  能登牛の出荷頭数は少なく、ほぼ県内でしか流通していないのが現状です。おいしい能登牛を求める声に応えるため、県では生産者・関係団体とともに年間1000頭を供給できる体制づくりに取り組んでいます。

 

能登牛が味わえる店舗・購入できる店舗(能登牛認定店)について

  県内で能登牛が味わえるお店・購入できるお店については、下記の「能登牛認定店制度について」をご参照ください。

 

 能登牛認定店制度について

 能登牛公式サイト(NOTOUSHI.NET)    http://notoushi.net

 

 


お問い合わせ

所属課:農林水産部生産流通課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1623

ファクス番号:076-225-1624

Email:e210300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?