• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 申請届出等手続きのご案内 > 飼料取り扱い業者の届け出制度について

ここから本文です。

更新日:2013年3月11日

飼料取り扱い業者の届け出制度について

料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律(以下「飼料安全法」とします)第50条において、製造業者及び輸入業者は都道府県知事を経由して農林水産大臣に、販売業者は都道府県知事に届出が義務付けられています。

  飼料の販売に関する届出様式については下記に示してありますが、飼料の製造・輸入に関する届出については様式を掲載しておりません。

  飼料の製造・輸入を行う際は、個別に下記連絡先へお問い合わせいただき、添付する関係書類等に関する説明を行った後、様式を送付することとしておりますので、ご了承ください。


  

 

 

飼料とは

  家畜の栄養に供することを目的として使用される全ての物 

飼料添加物とは

  飼料の品質低下の防止や、栄養成分の補給のために、飼料に添加して用いられるもの

飼料安全法の対象となる家畜とは

牛・豚・めん羊・山羊・鹿
鶏・うずら
ぶり・まだい・ぎんざけ・かんぱち・ひらめ・とらふぐ・しまあじ・まあじ・ひらまさ・たいりくすずき・すずき・すぎ・くろまぐろ・くるまえび
こい(食用に供されるものに限る)・うなぎ・にじます・あゆ・やまめ・あまご・にっこういわな・えぞいわな・やまといわな

 
  平成17年8月30日から、飼料等の輸入業者及び販売業者の届出制度が改正されました。

 

  1. 輸入業者の届出事項の追加
    入する飼料等が製造されたものである場合の輸入業者の届出事項として、その原料または材料の種類が追加されました。
     
  2. 販売業者の届出義務の適用除外の範囲の変更
    来、届出義務の適用除外となっていた小売業者についても届出の対象とされます(なお、自ら生産した農産物を飼料として畜産農家に販売する場合は、引き続き届出義務の対象外です)。
  3. その他
    1又は2に該当することになる既存の輸入業者または販売業者の方で、届出がお済でない方は、早急に届出てください。 


不明の点がありましたら、下記までお問い合わせください。

 

<お問い合わせ先>
農林水産部 農業安全課
農畜産安全グループ
TEL:076-225-1627
FAX:076-225-1628

 

   

 

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部農業安全課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1626

ファクス番号:076-225-1628

Email:no-an@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?