• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > GAPコーナー

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

GAPコーナー

GAP(農業生産工程管理)とは

GAPとは、「Good Agricultural Practice」の頭文字をとったもので、直訳すると「良い農業の実践」となり、持続的に農業生産活動を行うための取組のことです。

良い農業の実現には、農業者自らが、農業生産活動を行う上で必要な法令や規則等を遵守するとともに、「安全な農産物の生産」、「環境の保全」、「農業者の安全確保」の視点に基づき、農業生産活動に潜む様々なリスクを未然に防ぐため、農場管理のルールを定めて共有し、持続的に改善していくことが重要です。

 GAPの効果

GAPを実践することで、「安全な農産物の生産」、「環境の保全」、「農業者の安全確保」につながることはもとより、農業経営のレベルアップや安定化への効果も期待できます。

 GAPnokouka

いしかわGAPについて

川県GAP推進協議会(石川県およびJA石川県中央会、JA全農いしかわ)は、平成24年3月に策定された「石川県版GAP導入マニュアル」を改定し、「いしかわGAP」を作成しました。

石川県では、この「いしかわGAP」をGAPに取組む際の入門編として位置づけ、県下全域に広く普及を図り、GAPが農業者にとって身近なツールになることを目指します。

いしかわGAPの概要

  1. 食品安全、環境保全、労働安全の法令等の観点から、農林水産省が実践が必要と定める 「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に準拠した内容となっています。
  2. 取組事例を写真や図で示しており、GAPの基本的な取組を理解、実践することができます。
  3. 将来的に国際水準GAP等の認証取得を目指す産地・農業者にとっては、国際水準GAP等へのファーストステップとしても有効です。

参考

 GAPnohikaku

 

いしかわGAP
一括 いしかわGAP ishikawaGAP-nousanbutsu(PDF:9,440KB)
分割 表紙 hyoushi(PDF:541KB)
目次 mokuji(PDF:1,386KB)
1.GAP(農業生産工程管理)とは
2.農業生産活動に潜むリスク
3.GAPの効果
4.いしかわGAPの特徴
5.GAPの実践
チェックリスト
本書の見方
いしかわGAP規範項目<共通> kihan-kyoutsu(PDF:6,075KB)
いしかわGAP規範項目<青果物> kihan-seikabutsu(PDF:1,570KB)
いしかわGAP規範項目<穀物> kihan-kokumotsu(PDF:1,313KB)
裏表紙 urabyoushi(PDF:67KB)
一括 きのこ ishikawaGAP-kinoko(PDF:1,572KB)

 

 いしかわGAP認証制度

石川県では、GAPの取組拡大のため、農業者がいしかわGAPに沿って農業生産工程管理を実践していることを、県が確認し認証する「いしかわGAP認証制度」を平成30年8月1日から開始しました。

 

 <いしかわGAP認証取得者の情報>

 

<いしかわGAP認証リーフレット>


 ninshouseido-ishikawaGAP-omote

ninshouseido-ishikawaGAP-ura


<要綱・要領>

<認証基準>

<提出書類>

 

 

リンク

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部農業安全課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1626

ファクス番号:076-225-1628

Email:no-an@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?