• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > > 食の安全・安心 > 米トレーサビリティ制度

ここから本文です。

更新日:2016年11月25日

米トレーサビリティ制度

米トレーサビリティ制度の概要                                                

  食品のトレーサビリティとは、農作物や加工品などの食品が、どこから来て、どこへ行ったか「移動を把握できる」ことです。米トレーサビリティ制度は、次の2つの要素からなります。

1  取引記録の作成・保存

  お米や米加工品を取り扱う事業者に、取引等の記録を作成し保存することを義務づけることにより、食品事故等が発生した場合などに速やかに流通ルートを特定して、回収などの対応が迅速にとれるようにするものです。

2  産地情報の伝達

  お米や米加工品を取り扱う事業者に、産地情報を伝達することを義務づけることにより、消費者がお米や米加工品に使われているお米の産地を知ることができるようにするものです。 

概要

図:農林水産省資料より(一部加工)

消費者の皆様へ

  小売店等で販売されるお米や米加工品の容器・包装、外食店のメニューなどで、消費者が原料米の産地がどこなのか知ることができるようになります。この産地情報の伝達は、平成23年7月1日以降に、生産者から出荷された米、それを原料とした米加工品等から対象に始まります。対象となる品目は次のとおりです。

1  小売店等で販売されるもの

  お米(玄米・精米等)、米粉、もち、だんご、おにぎり・弁当、米菓、米こうじ、清酒、単式蒸留焼酎、みりんなど

小売店

 

図:農林水産省資料より(一部加工)

2  外食店等で提供されるもの

  米飯類(白飯、すし、チャーハン、オムライス、カレーライス、ドリアなど)

外食店

図:農林水産省資料より(一部加工)

生産者、卸売業者、製造業者、小売業者、外食業者の皆様へ

  平成22年10月から事業者間における取引等の記録の作成・保存が義務づけられ、また、平成23年7月から、対象品目を事業者に譲り渡す際及び消費者へ販売する際に産地情報の伝達が義務付けられています。

パンフレット                                                                

  外食業・旅館ホテル業者の皆様へ(PDF:735KB)

リンク

  農林水産省ホームページ「お米の流通に関する制度」(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部農業安全課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1626

ファクス番号:076-225-1628

Email:no-an@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?