• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 社会基盤・地域振興 > 交通・情報基盤整備 > 港湾 > いしかわの港湾 > 2  石川県の港湾(2.重要港湾-金沢港)

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

2  石川県の港湾(2.重要港湾-金沢港)

〈港湾課〉

金沢港かなざわ(港湾管理者:石川県)

沢港は、日本海沿岸の中央部に位置し、金沢市街を貫流して日本海にそそぐ大野川、犀川両河口を包含する。昭和29年7月10日、旧大野港、旧金石港を合併し金沢港となり、その後、昭和38年の豪雪で陸上交通が途絶したことにより、海上輸送の機能拡充についての要請が高まり、金沢市及び小松市などを背後圏とする物資物流拠点として、昭和39年4月に重要港湾に指定され、大野川右岸に掘込港湾の建設に着手しました。

和45年に、関税法による開港、また、植物防疫法による輸入木材の指定港となって以来、平成28年次には貨物量は338万トンに達しています。

浜地区では、輸送コストを削減し地域産業の国際競争力を支援するため、船舶の大型化に対応した多目的国際ターミナル整備事業(水深13m岸壁)に着手、平成20年11月には水深12mでの供用を開始し、平成28年3月には岸壁の延伸(260m→400m)が完了するなど、国際物流拠点としての機能充実に向けた整備を進めています。

た昭和63年から、週1便体制でスタートした日韓定期コンテナ航路も、順調に取扱貨物量を伸ばしており、港湾荷役施設についても、平成7年2月にタイヤマウント式クレーンを導入し、平成17年4月に、ガントリ-クレ-ンを供用開始するなど、荷役機能の拡充と効率化を進めています。

金沢港(クレーン)

 

航空写真 金沢港

平成28年10月 撮影


お問い合わせ

所属課:土木部港湾課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1746

ファクス番号:076-225-1747

Email:e251300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?