• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2016年3月10日

南加賀糖尿病地域連携クリティカルパス

近、生活習慣病の中でも特に糖尿病が注目されています。糖尿病管理が不適切なことによる失明(緑内障の次に失明の原因疾病になる頻度が高い)、慢性腎不全から人工透析に至る(新しく透析を導入される患者の原因疾病の約4割を占める)といった大きな合併症の出現は、経済的損失はもちろん、健康寿命の延伸にも障害になっています。さらに、心臓、脳の血管の動脈硬化を促進する大きな一因となり、心筋梗塞、脳卒中など致命的疾病のリスクも高くなります。

成18年の厚生労働省の統計では、糖尿病が強く疑われる人約820万人、予備群約1,050万人合わせて1,870万人、5年間で80万人(11%)増加し、予備群を加えると250万人(約15%)増加していると報告され、このままの状況では増加の一途をたどると懸念されています。(厚生労働省  平成18年 国民健康・栄養調査(外部リンク)平成18年11月)

方、糖尿病と診断されながら治療を受けているのは、50%程度、健診を受けていない人に至っては、わずか10%しか治療を受けていないのが現状です。療費の観点から見ても2005年度国民医療費33.1兆円のうち糖尿病医療費が1.1兆円(約3%)を占めています。このような実態に基づいて、糖尿病の予防から治療まで一体的に考えるべき時期に来ていると考えます。

南加賀保健福祉センターでは、住民の方が糖尿病の予防から治療までサービスを受け、治療が適切に受けられるよう、平成21年4月に「糖尿病地域連携クリティカルパス」を作成しました。糖尿病専門医を中心にかかりつけ医、市町の保健担当職員、そして住民の方々のニーズを取り入れて実施してゆきます。

 増えつづける糖尿病の重症化を予防し、患者様の治療が継続されるよう、専門病院、かかりつけ医(内科・眼科・歯科)、調剤薬局が連携しながら進めます。

パスの様式は、下記のとおりです。

  1. 紹介基準(PDF:9KB)
  2. 患者説明用(PDF:1,104KB)
  3. 承諾書(PDF:9KB)
  4. 専門病院→かかりつけ医(PDF:9KB)
  5. かかりつけ医→専門病院(PDF:10KB)
  6. 連携パス1 (白黒(PDF:22KB)カラー(PDF:22KB)
  7. 連携パス2 (白黒(PDF:22KB)カラー(PDF:23KB)
  8. スコア採点様式(PDF:13KB)
  9. 眼科紹介状・報告書(PDF:21KB)
  10. 歯科紹介状・報告書(PDF:22KB)
  11. 眼科受診のススメ (PDF:516KB)
  12. 歯科受診のススメ (PDF:63KB)
  13. 患者パス(PDF:858KB)
  14. フローチャート1、2 (内科)(PDF:32KB)
  15. フローチャート1 、2 (歯科・眼科)(PDF:18KB)
  16. 登録パス施設(PDF:19KB)
  17. 登録パスID(PDF:39KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部南加賀保健福祉センター 

石川県小松市園町ヌ48

電話番号:0761-22-0793

ファクス番号:0761-22-0805

Email:mhc@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?