• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 観光・交流・文化 > 文化・芸術 > 文化財 > 石川の文化財 > 書跡・典籍(国指定) > 関白内大臣家歌合・古今和歌集(清輔本)・ 山家心中集

ここから本文です。

更新日:2014年2月6日

関白内大臣家歌合・古今和歌集(清輔本)・ 山家心中集

 関白内大臣家歌合(1巻)

  平安時代
  個人蔵  能美市
(石川県立美術館保管  金沢市出羽町2-1)
  縦  30.9センチ  横  821.2センチ

関白内大臣家歌合

重要文化財  昭和28年3月31日指定

保安2年(1121)9月12日、時の関白内大臣藤原忠通が、自第で催した歌合の記録。歌合は、歌人が左右に分かれて歌の出来を競う王朝の遊戯。「兼日被下題」とあるように、予め下された題は、山月・野風・庭露・恋2題で、各7番の計35番。作者は、忠通・藤原親隆・源俊頼・藤原基俊ら13名、他に隠名の女房がいる。忠通周辺の歌人達に、基俊・俊頼を迎えての大規模な歌合である。
「左持」とある「持」は引分けの意。歌の後に判者基俊による判詞が見える。基俊・俊頼の対立時代、『金葉集』撰進直前の歌壇の様相を伝える歌合中、屈指の資料価値を有する。
この1巻は、20巻本の「類聚歌合」の清書本で、益田家旧蔵。奥書によれば、藤原基俊(?~1142)の自筆本である。この歌合には、他に内閣文庫本・類聚本などの伝本が多いが、いずれも20巻本からの何らかの転写本。従って該本の20巻本が証本である。筆致流麗、王朝の高雅な遊びを今に伝える逸品である。  

昭和60年「石川県の文化財」より

 

古今和歌集(清輔本)(2帖)

  鎌倉時代
  個人蔵  能美市
  (石川県立美術館保管  金沢市出羽町2-1)
  各帖  縦  24.7センチ  横  15.2センチ

古今和歌集(清輔本)

重要文化財  昭和28年11月14日指定

『古今集』は、延喜5年(905)ごろ、醍醐天皇の下命により、紀貫之・紀友則・凡河内躬恒・壬生忠岑によって撰集された最初の勅撰和歌集である。歌数1000首余。成立には諸説多いが、延喜13年(913)~同14年(914)ごろに完成奏上されたものとみられる。
『古今集』は、多くの伝本を有するが、該本は、建仁元年(1201)3月源家長筆写の、いわゆる清輔本系統の一本で、その奥書によれば、永治2年(1142)藤原清輔筆写の本がもとになっている。また見返しの識語などによって、これが通宗本、小野宮皇太后御本の系統に属することが知られ、清輔本が貫之自筆本の直系ににあたるという点で価値が高い。清輔は、歌人であり、また六条流歌学の祖。その考証的な学究肌で『袋草子』などの歌学書を多く著す。伝清輔筆前田家本『古今集』とともに、定家本以前の伝本の内容を伝える点でも意義深い。真名序は奥書の後にあるが、清輔自身の書き添え故のこと。該本も前田家旧蔵
昭和60年「石川県の文化財」より

 

山家心中集(1帖)

  鎌倉時代 伝西行筆
  個人蔵  能美市
  (石川県立美術館保管  金沢市出羽町2-1)
  縦  16.5センチ  横  15.5センチ

山家心中集

重要文化財  昭和30年6月22日指定

『山家心中集』は、『西行法師家集』の祖本のようなものからの、自撰秀歌選ともいうべきもので、360首(他に他人歌14首)を秀撰する。該本は、「伝西行自筆本」といわれるもので、歌数291首で流布本より少ない。『山家心中集』の原初形態を伝える古鈔残欠本といってよい。鎌倉初期の筆写、奥書はない。
西行(1118~1190)は、平安末期から鎌倉初期にかけての歌人。『新古今集』に94首入集し集中第1の歌人。『山家集』『西行上人集』などがあるが、本書は自撰秀歌選である点が注目される。もと北面の武士で、23歳で出家、全国を行脚して「漂泊の詩人」の名をほしいままにする。
本書内題下には、はじめ2つの部立てを採って「花月集ともいふべし」とある。写真は「やまぶきのさかりになりぬれば」「ますげおふるあらたにみずをまかすれば」などの歌が並ぶ192首めからの部分。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?