• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2014年2月6日

蒔絵角赤手箱 附文章一巻・沈金彫手筥

蒔絵角赤手箱  附文章一巻(1合)

桃山時代
  菅生石部神社  加賀市大聖寺敷地町
  (東京国立博物館保管  東京都台東区上野公園13-9)
  縦  37.9センチ  横  29.7センチ  高さ  24.2センチ
蒔絵角赤手箱

重要文化財  昭和25年8月29日指定

 

箱の四隅が朱漆塗となっている角赤の手箱は、桃山時代以降とくに盛行し、手箱・沈箱・香合など、大小各種のものがつくられている。この手箱は、かぶせ蓋で、蓋の甲面と側面の上部を、身は側面の下部を各四方隅にかけて花形に区切り、梨子地肌に菊と桐の花紋を蒔絵で散らしている。

他の残りの部分は、素地の上に荒い布を張り、直接朱漆を塗って布目をあらわし、いわゆる「角赤」の様式をとっている。やや形式的なきらいはあるが、甲面の盛りあがりや、花形の区画、菊桐紋の文様構成、側面につけられた金具など、加飾全般にわたって、なお豪華な桃山時代の余韻を感ずることができる。

加賀藩3代藩主前田利常夫人祢々姫(天徳院)が、金沢城へ輿入れの際の江戸からの持参品といわれ、祢々姫が信仰した菅生石部神社へ、祢々が没してから利常により元和5年(1619)に寄進されたものである。
昭和60年「石川県の文化財」より

 沈金彫手筥(1合) 

室町時代
  白山比咩神社  白山市三宮町2-105
  縦  25.5センチ  横  38.4センチ  高さ  24.6センチ

沈金彫手筥

重要文化財  昭和25年8月29日指定

 
 沈金は中国で鎗金といい、漆塗面に文様を針彫りし、刻文のなかに金箔を付着させたもので、中国宋・元時代より盛んに行われた加飾法である。我が国では、すでに室町時代に中国より鎗金器が数多くもたらされ、これを模したものが製作されるようになった。

この手筥は、室町時代に我が国で作られたもので、長方形の印籠蓋造りで、蓋表の稜に大きく曲面を作り、塵居を広く設け、各側面に段落を作って唐戸面様に仕立て、直線的で端正な形となった特殊な形式の箱である。黒漆塗に細く流麗な線の沈金で、蓋の表に鳳凰2羽を旋回状に配し、余白を牡丹と菊の花枝でうめ、蓋の4側面に唐花唐草文などを配している。

また身の各面に鳳凰1羽と牡丹・菊を描き、側面に金銅製の魚子地藤巴を彫った紐金具を打っている。文様の配置や表現は中国風であるが、一方では和風の趣も見せ、沈金が行われるようになった初期の作品として貴重なものである。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?