• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2018年9月17日

情報発信(20年度)

調査研究事業の成果を情報発信するために、刊行物として『金沢城研究』第7号、パンフレット、一般向けのビジュアルな解説書 『よみがえる金沢城2』を刊行した。
また、20年度は シンポジウム「江戸城と金沢城の御殿」 を開催したほか、「金沢城大学」、現地説明会や講師派遣等も行った。

(1)『よみがえる金沢城2-今に残る魅力をさぐる-』(カラー A4判 140頁)の刊行

【目次・内容】

パノラマ鳥瞰図(江戸前期の金沢城・江戸後期の金沢城)
(1). 建造物の魅力
     一、現存する建造物
     二、御殿の威容
     三、失われた建造物
     四、復元された建造物
(2). 石垣の博物館
     一、金沢城石垣の見方
     二、戸室石切丁場と石引道
     三、石積みの匠と技

※ 本書は一般書籍として、全国の書店でお求めいただけます。書店の店頭に無い場合は、お近くの書店でご注文ください。

(2)パンフレット「金沢城を探る」No.7の発行

パンフレットNo.7「戸室石切丁場」 カラー両面・A3判二つ折りを作成した。

(3)研究紀要『金沢城研究』第7号(A4判 116頁)の刊行

研究紀要『金沢城研究』第7号の目次
※ 有償頒布に関しましては発刊情報ご覧下さい。なお、公立図書館等で閲覧できます。

(4)年報(A4判 42頁)の刊行

第2号として平成20年度の事業についてとりまとめ刊行した。
※ 『年報』は公立図書館等で閲覧できます。

(5)金沢城大学

  • 城と庭の探求講座「金沢城大学」歴史・文化コースを担当
    会 場 石川県立美術館広坂休憩館等
    平成20年度の金沢城大学の詳しい内容

(6)シンポジウム「江戸城と金沢城の御殿」

  • 場 所 石川県文教会館 ホール
  • 期 日 平成21年1月10日(土曜日) 参加者400名
  • 内 容
  • 講演
    • 平井 聖(昭和女子大学前学長)「篤姫の時代の江戸城」
  • 報告
    • 太田 昌子(金沢美術工芸大学教授)「文化度金沢城襖絵にみる画題配置と年頭儀礼」
    • 伊東 龍一(熊本大学教授)「幕府造営の御殿の構造と装飾-彫物を中心に-」 
  • パネルディスカッション

【パネラー】

  • 平井 聖(昭和女子大学前学長)
  • 太田 昌子(金沢美術工芸大学教授)
  • 伊東 龍一(熊本大学教授)
  • 正見 泰(金沢城調査研究所員)
  • 石野 友康(金沢城調査研究所員)

【司会】

  • 木越 隆三(石川県金沢城調査研究所副所長)

(7)報道発表ほか

1  現地説明会

2  講師派遣 6件

 

<- 平成19年度の成果  平成21年度の成果 ->

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会金沢城調査研究所 

石川県金沢市尾山町10-5

電話番号:076-223-9696

ファクス番号:076-223-9697

Email:kncastle@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?