• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化財 > 石川の文化財 > 絵画(県指定) > 紙本墨画猿猴図屏風  長谷川等伯筆・紙本墨画松竹図屏風  長谷川等伯筆

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

紙本墨画猿猴図屏風  長谷川等伯筆・紙本墨画松竹図屏風  長谷川等伯筆

 紙本墨画猿猴図屏風  長谷川等伯筆 (1隻)

桃山時代  
石川県七尾美術館  七尾市小丸山台1-1
縦162.4センチ  横241.2センチ


k-28

県指定文化財  平成30年1月30日指定 

本図は、右扇の右端下部から大きな樹木の幹が2手に分かれ、その内1本は画面中央を横切って左扇へ伸び、樹木の根元周辺には岩と笹が配されている。右扇の樹木の上には猿が1匹座り、欠損しているものの、右側には子猿の小さな手が確認され、肩の上に子猿を乗せた母猿であったことが分かる。一方、左扇には枯木にぶら下がる父猿らしき猿が描かれている。等伯は中国の禅僧画家・牧谿が描いた猿猴図に学んで、同画題を好んで描いており、等伯が描いた他の猿猴図作品とも近似している。
  猿の毛描きについて、本図では縮れたような独特の描き方であり、他作品と異なる部分があるが、これはあえて描き分けたものと解釈される。足の立体感は的確に描写され、顔の濃墨の施し方、淡墨の上から鋭くかつ丁寧に描き込んだ毛、笹の勢いあるタッチや右端中頃の濃墨の樹葉などは、まさに等伯の表現とされる。また、猿以外の描写では、特に枝先をあらわす勢いのある墨線の筆法に優れている。
  制作年代については、淡墨を基本とした柔らかいタッチの50歳代前半頃と、線自体に重きを置き、濃墨を多用した豪快な筆さばきの60歳代前半頃との中間期、50歳代後半頃の筆と思われる。
  形状については、画面の構図や、右扇と左扇の各中心に縦の変色が見られることから、現状は6曲屏風の4扇分で、以前は左右にもう1扇ずつあったと考えられるが、描いた当初は、さらに大きな寺院内壁貼付画の一部だった可能性もある。
  以上のことから、本作品は欠損があるものの平成27年に修復されており、水墨表現の熟練と等伯らしい動物表現が見られ、能登が生んだ桃山時代を代表する画家・長谷川等伯の全盛期である、50歳代から60歳代にかけての制作過程を知るうえで貴重な作品である。このように、文化財的価値は高く、県指定有形文化財に指定し、その保存を図ることが必要である。

紙本墨画松竹図屏風  長谷川等伯筆 (1隻)

桃山時代  
石川県七尾美術館  七尾市小丸山台1-1
縦162.4センチ  横241.2センチ

k-28-2

県指定文化財  平成30年1月30日指定

 
本図は、左扇の左端から右上方に向って大きな松樹が描かれ、右扇の右端まで緩やかな曲線を描いて枝を伸ばしている。下部には土坡が描かれ、左扇の松樹の後方から竹が茂り右扇へと続き、濃墨を効かせながら淡墨と描き分け、巧みに遠近感を表している。
  老松の樹皮の表現や、竹の節と節の間の稈に横に2筆濃墨を入れる独特の表現、墨の濃淡によって風になびく葉叢を巧みに表現した部分は、他の等伯作品の表現と極めて近い。なかでも本図は、メリハリの利いた墨の濃淡表現や、速筆で一気に描いた迷いのない幹の線、墨の艶や調子、筆法など、等伯の代表作である国宝「松林図屏風」へ繋がる表現であり、注目に値する。
  制作年代については、墨色や筆の勢いなどから、「猿猴図屏風」と同じく50歳代後半頃の制作と思われる。
  形状については、右扇と左扇の各中心に縦の変色が見られることから、現状は6曲屏風の4扇分で、以前は左右にもう1扇ずつあったと考えられるが、描いた当初は、さらに大きな寺院内壁貼付画の一部という可能性もある。
  以上のことから、本作品は若干傷みがあるものの平成27年に修復され、樹木による空間表現も優れており、能登が生んだ桃山時代を代表する画家・長谷川等伯の全盛期である、50歳代から60歳代にかけての優品として、また、制作過程を知るうえでも貴重な作品である。このように、文化財的価値は高く、有形文化財に指定し、その保存を図ることが必要である。 

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?