• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 企画振興部  空港企画課 > のと里山空港周辺における高さ制限のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2015年2月3日

のと里山空港周辺における高さ制限のお知らせ

のと里山空港周辺に建物等を設置する際は高さ制限があります。

 

 空港周辺では、航空機の安全を確保するために周辺の一定空域を障害物が無い状態にしておく必要があります。このため、航空法において「制限表面」というものが定められており、その制限表面の上に出る高さの建造物、植物その他の物件を設置し、植栽し、又は留置することは原則禁止されています(航空法第49条)。のと里山空港についても制限表面として、「進入表面」「転移表面」「水平表面」が設定されています。

 

  • のと里山空港に設定されている制限表面

進入表面

滑走路の延長上に設定される空間で、長さは3,000m、水平面からの勾配1/50、端部の幅が1,200mの表面で囲まれる空間。

航空機の離着陸の際の安全を確保するための空間。

転移表面

滑走路の直角上に設定される空間で、勾配は1/7。

航空機が着陸のための進入を誤ったときに急旋回して離脱する場合などの安全を確保するための空間。

水平表面

滑走路の中心点(標点)から半径3,000m、高さ45mの円形の空間。

旋回飛行する航空機の安全な離着陸経路を確保するための空間。

 

  • 制限表面外略図

    制限表面概略図(JPG:105KB)

 

  • のと里山空港の制限表面の範囲

のと里山空港の制限表面の範囲(JPG:1,396KB)

制限表面の概要

  • 制限表面(進入表面、転移表面又は水平表面)の上に出る高さの建造物、植物その他の物件を設置し、植栽し、又は留置することが禁止されています。ただし、仮設物などについては空港設置者(石川県)の承認を受けて設置することができることがあります。

                            (航空法第49条第1項)

  • 空港設置者は、制限表面の上に出る高さの建造物、植物その他の物件等(成長して制限表面の上に出るに至った植物を含む。)の所有者等に対し、当該物件を除去すべきことを求めることができます。

                            (航空法第49条第2項)

制限表面に関する問い合わせ先  

担当窓口 能登空港管理事務所
所在地

〒929-2392

石川県輪島市三井町洲衛10部11番1

電話番号 0768-26-2100
FAX番号 0768-26-2102

 

お問い合わせ

所属課:企画振興部空港企画課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1337

ファクス番号:076-225-1339

Email:e120800@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?