• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部少子化対策監室(子育て支援課) > 「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について(概要)

ここから本文です。

更新日:2010年7月28日

「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について(概要)

平成19年3月に厚生労働省が「授乳・離乳の支援ガイド」を策定しました!

―保健医療従事者が取り組む授乳・離乳の支援の推進に向けて―

1「授乳・離乳の支援ガイド」の作成の基本的考え方について

(1)「管理」「指導」から「支援」へ

乳期及び離乳期は母子の健康にとって極めて重要な時期にあり、母子の愛着形成や子どもの心の発達が大きな課題になっている状況においては、授乳・離乳の支援にあたって、親子双方にとって、慣れない授乳、慣れない離乳食を体験していく過程をどう支援していくかという育児支援の視点を重視する。

(2)基本的事項の共有化により「継続的で一貫した」支援へ

科施設、小児科施設、保健所・市町村保健センターなどの保健医療機関に所属する多職種が適切な支援のあり方について共有化する基本的事項を提示することにより、妊娠中から退院後、さらに離乳食の開始以降に至るまで、継続的で一貫した支援の推進を図っていく。

2「授乳・離乳の支援ガイド」の内容について

(1)授乳の支援について

保健医療従事者が授乳の支援に関する基本的考え方を理解し、支援をすすめるための基本的事項を「授乳の支援を進める5つのポイント」として提示。この中で、母乳育児の支援を進めるポイントをあわせて提示。

関係機関の連携により、妊娠中から退院後までの継続した支援や環境整備が推進されるよう、医療機関や地域における実践例を紹介。

(2) 離乳の支援について

新たな「離乳食の進め方の目安」の提示。

〈現行(離乳の基本)からの主な変更点〉

  • 離乳の開始時期を従来の「生後5か月になった頃」から「生後5、6か月頃」に変更。
  • 離乳開始前に果汁を与える必要性のないことを明記。
  • 食べ方の目安(食事(生活)リズムの形成、多様な食品の味や家族と一緒の食卓を楽しむといった食べる楽しさの体験)、成長の目安を追加。

肥満予防やアレルギー、そしゃく機能の発達といった個別課題について、最近の知見を踏まえた解説を提示。

「授乳・離乳の支援ガイド」(外部リンク)(厚生労働省ホームページ)

 

お問い合わせ

所属課:少子化対策監室 子育て支援課

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1421

ファクス番号:076-225-1423

Email:kosodate@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?