• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 少子化対策 > 青少年・家庭教育 > 子どもの携帯電話の適切な利用に関すること

ここから本文です。

更新日:2012年2月20日

子どもの携帯電話の適切な利用に関すること

子どもの携帯電話の適切な利用について

  近年、インターネット上の有害情報の氾濫によって、子どもたちが犯罪に巻き込まれるケースや誹謗・中傷する書き込み被害が発生するなど、子どもを取り巻く環境が変化しています。こうした状況を踏まえ、青少年の携帯電話の適切な利用を進めることにより、青少年の健全育成を図ることとしています。

ポイント

1.家庭でルールをつくろう

  子どもの携帯電話利用について、親子で話し合い、一定のルールをつくりましょう。

家庭でのルールの例

  • 学校内で携帯電話の決まりを守る
  • 午後10時以降は使わない
  • 使用時間は1時間以内
  • リビングで使う
  • 勉強中や食事中は使わない
  • 知らない相手からのメールは見ない
  • 何かあったらすぐに親に相談する
  • 個人情報を書き込まない
  • いじめや根拠のない話を書き込まない など

  特に小中学生には、防災・防犯上その他特別な理由がある場合を除き、携帯電話を持たせないことを含め慎重に判断しましょう。

2.フィルタリングサービスを利用しよう

  フィルタリングサービスを積極的に利用しましょう。

※やむを得ない理由でフィルタリングサービスを利用しない場合は、その理由を記載した申出書の提出が必要となります。

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:少子化対策監室 子ども政策課

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1447

ファクス番号:076-225-1423

Email:e150300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?