• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政フォトギャラリー > 平成29年8月30日 弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

平成29年8月30日 弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施

 kunren1

 kunren2

 kunren3

 

 

 

 

 

 

 

  

  8月30日、輪島市河井地区において、弾道ミサイルを想定した住民避難訓練を実施し、周辺住民や小学校児童など283人が参加しました。

  この訓練は、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、住民にどのような情報が伝達され、どのような行動をとれば良いのか広く知っていただくために実施したものです。

  午前9時から輪島市全域で、防災行政無線を通じた住民への情報伝達訓練が行われました。河井地区の周辺住民は、屋外にいる場合は頑丈な建物に避難し、屋内にいる場合は窓から離れるなどの安全行動をとりました。

  また、河井小学校では、校内放送を合図に、児童や教職員が窓から離れて机の下に隠れるなどの安全行動をとりました。

  今回行われた訓練について、山本県危機管理監は「本県では初めての訓練だったが、防災行政無線からの放送を聞いて迅速に避難できていた」と振り返りました。

 

  弾道ミサイル落下時の行動について


  弾道ミサイルが落下する可能性がある場合には、Jアラートを活用して、防災行政無線や緊急速報メール等により、緊急情報をお知らせします。

・近くの建物の中か地下に避難する。

・近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

・屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

 


 

 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 

〈お問い合わせ〉

危機対策課 Tel 076-225-1482

 

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?