• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政フォトギャラリー > 平成29年6月10日 第28回全国「みどりの愛護」のつどい

ここから本文です。

更新日:2017年7月20日

平成29年6月10日 第28回全国「みどりの愛護」のつどい

  midori1

midori2

midori3

midori4

midori5

midori6

midori7

midori8

 midori9

midori10

 

   

  6月10日、兼六園周辺文化の森において、第28回全国「みどりの愛護」のつどいを開催しました。

   本つどいは、「みどりの日」制定の趣旨を踏まえ、全国の緑の関係者が一堂に集い、広く都市緑化意識の高揚を図り、緑豊かな環境づくりを推進するとともに、緑を守り育てる国民運動を推進していくことを目的に平成2年から開催されており、本県では初の開催となりました。

 

   また、つどいの御臨席並びに、県内御視察のため、皇太子殿下が6月9日~10日にかけて御来県されました。

   皇太子殿下の御来県は、平成25年の「第16回全国農業担い手サミットinいしかわ」以来4年ぶりとなりました。

  式典では、皇太子殿下から、「豊かな緑は私たちの暮らしにゆとりと潤いをもたらします。緑豊かな環境づくりが一層発展することを願います」とのおことばがありました。

  式典会場となった本多の森ホール(金沢市)には、全国各地から参加者約1,500人が集まり、ウェルカム演奏やプロローグの後、記念式典を開催しました。

このほか、第28回「みどりの愛護」功労者の国土交通大臣表彰や第28回全国「みどりの愛護」のつどい記念石川県都市緑化功労者の知事表彰が行われ、代表の児童による誓いの言葉がありました。

  式典後、皇太子殿下はホール内で、北陸の花と緑に関する取り組みを紹介したパネル展示を御覧になり、誓いの言葉を述べた児童らと交流されました。

  また、西茶屋街の名妓による小鼓と舞の「一調一舞」を鑑賞され、拍手を送られました。

続いて、本多の森公園(金沢市)に会場を移した記念植樹では、皇太子殿下は雨天にもかかわらず、丁寧にヤマザクラの苗木をお手植えされました。

 

  さらに、今回御来県された皇太子殿下は、2日間にわたり県内の文化施設などを御視察されました。

 

  大会前日の9日、皇太子殿下は、初めて北陸新幹線を御利用になり、県入りされました。

その後、県立いしかわ特別支援学校(金沢市)を御視察され、生徒達による風船バレーやエコバッグ制作などを御覧になりました。皇太子殿下は生徒達に優しくお声かけされ、暖かいお言葉を贈られました。

  次に訪れた、県立美術館の文化財保存修復工房 (金沢市)では、「紙本(しほん)著色(ちゃくしょく)  芝居(しばい)絵(え)奉納(ほうのう)絵馬(えま)額(がく)」の修復作業などを御覧になられ、修復工程や作業内容に御関心を示され、熱心に御質問されました。

    10日の大会後、金沢城公園(金沢市)を御訪問され、二の丸広場で金沢城修理整備事業の説明を受けられ、玉泉院丸庭園を御視察されました。

  その後、千代女の里俳句館(白山市)で、市民俳句教室を御視察されたほか、白山市内在住の挿絵画家の西のぼるさんの記念特別展を鑑賞され、小松空港から帰路に就かれました。

 

 

<お問い合わせ>

公園緑地課     Tel    076-225-1770

 

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?