• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政フォトギャラリー > 平成27年5月17日「第66回全国植樹祭いしかわ2015」の開催

ここから本文です。

更新日:2015年6月12日

平成27年5月17日「第66回全国植樹祭いしかわ2015」の開催

レセプション

式典会場

天皇皇后両陛下ご臨席

式典知事あいさつ

両陛下お手植え

アトラクション

北陸新幹線

明和特別支援学校

西園地

九谷焼技術研修所

金沢城公園

 5月17日、木場潟公園(小松市)において「木を活かし 未来へ届ける ふるさとの森」を大会テーマに、「第66回全国植樹祭いしかわ2015」を開催しました。

 全国植樹祭は、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるため、毎年春季に開催される国土緑化運動の中心的な行事です。本県では昭和58年に津幡町の石川県森林公園で開催した第34回大会以来、32年ぶり2回目の開催となりました。

 また、今大会の御臨席に合わせ、天皇皇后両陛下が5月16日~18日にかけて御来県されました。両陛下の御来県は、平成8年に珠洲市で開催した「全国豊かな海づくり大会」以来19年ぶりとなりました。

 両陛下は、大会前日、ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市)にて、国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクール等の入賞作品を御覧になられ、その後大会のレセプションに参加され、県内外の林業関係者らと和やかに御懇談されました。

 翌17日、木場潟公園には、全国各地から約11,000人の参加者が集まりました。先人たちの木と共に生きる心、木を活かす技が受け継がれている様子を表現したプロローグアトラクションに続き、記念式典を行いました。

 知事から、「本大会を契機に森林資源の利活用が全国に広がることを願う」との主催者あいさつがあったほか、緑化功労者等の表彰や農林水産大臣などへ県内の小学校で育てられた苗木の贈呈が行われました。

 その後、両陛下による抵抗性クロマツなど6本の苗木のお手植え、アテなど4種類の種子のお手播きが行われました。いずれの樹種も県内の文化・生活と関わりの深いものであり、両陛下は、介添え役を務めた緑の少年団の子どもたちにお声をかけながら、丁寧にお手植え、お手播きをされました。

 続いて、大会テーマ「木を活かし 未来へ届ける ふるさとの森」を表現するアトラクションで、石川の豊かな里山里海を構成する「森・川・海・里」のつながりと森林資源の利活用を通じた豊かな森づくりの意義をパフォーマンスとメッセージで発信するとともに、大会宣言を行いました。

 最後に、知事から来年全国植樹祭が開催される長野県知事へ植樹祭のシンボルである「木製の地球儀」を手渡すリレーセレモニーがあり、県議会議長による閉会の言葉で記念式典の幕を閉じました。

 このほか、小松市の憩いの森では、一般招待者による植樹を行ったほか、式典会場横に設けられたおもてなし広場では、県内の伝統的工芸品やご当地グルメを販売するブースが並び、大会を通じて、石川の豊かな自然に育まれた多彩な文化をアピールしました。

 さらに、今回来県された両陛下は、3日間にわたり県内の施設などを御視察されました。

 初日、今年3月に開業した北陸新幹線を利用して県入りされた両陛下は、野々市市の県立明和特別支援学校へ向かわれました。高等部の販売・接客マナーの学習授業や和太鼓の演奏を見学され、温かい拍手を送り、生徒らに優しくお声をかけられました。

 2日目は、全国植樹祭に御臨席後、木場潟公園西園地展望休憩所(小松市)で、木場潟越しの白山の眺望を御覧になられました。その後訪問された石川県立九谷焼技術研修所(能美市)では、ろくろ成形や上絵付けの実技を御覧になられ、研修生にお声をかけられました。

 3日目は、金沢城公園(金沢市)を御訪問され、今年3月に復元された橋爪門などを見学されました。五十間長屋では、柱とはりを組み合わせる伝統の軸組工法について説明を受けられ、その後小松空港から帰路に就かれました。

 

 

<お問い合わせ>

全国植樹祭推進室   076-225-1672

明和特別支援学校についてはこちら

ANAクラウンプラザホテル金沢についてはこちら(外部リンク)

木場潟公園についてはこちら(外部リンク)

九谷焼技術研修所についてはこちら

金沢城公園についてはこちら

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?