• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 県民文化スポーツ部 県民交流課 広報広聴室 > 県政テーマ通信「生物多様性について」結果

ここから本文です。

更新日:2010年9月27日

県政テーマ通信「生物多様性について」結果

調査目的

  約40億年前、地球上に原始生命体が誕生し、その後、さまざまな環境変化に適応しながら、誕生や消滅を繰り返し、現在地球上に3000万種の生命体がいると言われています。
  しかし、現在、人間の活動の影響により、これまでにないスピードで生物の種の絶滅が進んでおり、「生物多様性」が失われつつあると言われています。
  人間を含む生きものは互いに支えあい、つながりあって生きており、「生物多様性」の確保は地球温暖化の防止と並び人類が生きていく上で極めて重要なテーマとなっています。
  石川県では危機に瀕している生物多様性を保全していくため、生物多様性の維持・確保に向けた取り組みの拠り所となる「生物多様性戦略ビジョン」の策定作業を進めています。
  そこで、今回、その検討に必要な「生物多様性」に関する県民の意識等を把握するため、アンケートにご協力いただきました。

 

アンケート結果集計

テーマ:生物多様性について

回答期間:平成21年7月30日(木曜日)~平成21年8月10日(月曜日)

回答者数:99人

 

1.「生物多様性」という言葉について知っていますか?(1つ選択してください)

 

回答結果のグラフ

 

2.自分と「生物多様性」は関わりがあると思いますか?(1つ選択してください)

 

回答結果のグラフ

 

<生物多様性の恵み>
  いろいろな生きものがつながりあっている生物多様性によって、私たちはさまざまな恵みを得ています。
  すべての生命の基盤・・・酸素の供給、水や物質の循環など
  暮らしを支える資源・・・食べ物、木材、医薬品など
  豊かな文化の源・・・自然と共生してきた知恵と伝統、風景、風土など
  暮らしを守る機能・・・山地災害の防止、土壌流出の軽減、気候緩和など

 

3.「生物多様性」の大切さを県民に浸透させるために、何が必要と思いますか?(複数選択可)

 

回答結果のグラフ

 

「E  その他」の方のコメント

 

 

4.本県の「生物多様性」を保全する上で「里山」は非常に重要な地域になりますが、現在、人々のライフスタイルの変化などが原因となり里山の手入れ不足等による荒廃が進んできています。今後、里山を保全していくためにどのような取り組みが重要だと思いますか?(複数選択可)

 

回答結果のグラフ

 

「E  その他」の方のコメント

  •  行政の具体的活動(集めた雑木に少し金を出すとか)
  •  所有者の許可を取り、地域団体・保育園・小学校の教育としての保全活動
  •  県や市町のイベントを街中よりも郊外で行い、自然との接点を増やす

 

「里山」とは人々の働きかけを通じて形成されてきた自然環境であり、集落や周辺の雑木林、農耕地、ため池などの様々な要素を含んでいます。そのような里山の自然環境は多くの生きものの生息空間となっており、生物多様性を保全する上で非常に重要な地域です。

5.県内では、各所で自然体験活動や里山保全活動、自然の生きものを守る活動など様々な環境保全活動が実施されていますが、それらの活動に参加したことはありますか?(1つ選択してください)

 

回答結果のグラフ

 

「E  その他」の方のコメント

 

 

6.「生物多様性」を保全するために、これからできることやしたいことがあればご自由にご記入ください。

 

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?