• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > 広報広聴 > 広聴 > モニターアンケート調査結果 > 「家庭での省エネ・節電の取り組みについて」結果

ここから本文です。

更新日:2011年12月27日

「家庭での省エネ・節電の取り組みについて」結果

調査概要

調査の目的
 県ではさまざまな形で地球温暖化対策に取り組んでいます。
 そこで、今後の事業の参考とするため、皆様のご家庭での省エネ・節電に関する取り組みなどについてのアンケート調査を実施しました。

調査期間
 平成23年11月14日~25日

対象者数
 516人(県政モニター110人、県政インターネットモニター406人)

回答者数
 397 人【回答率76.9%】(県政モニター95人、県政インターネットモニター302人)

 ※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります

調査結果

 1.昨年、ご家庭で行った節電の取り組みを教えて下さい。(複数回答) 

  「A必要のない灯りは、こまめに消す」(92.4%)が最も多く、次いで「Bテレビや録画機器は、見ないときは消す」(73.0%)、「D冷暖房時に部屋のドアやふすまを閉め、冷暖房範囲を小さくする」(67.0%)となっている。

51

2.今年、ご家庭で行った(行う予定にしている)節電の取り組みを教えて下さい。(複数回答)

 「A必要のない灯りは、こまめに消す」(89.2%)が最も多く、次いで「Bテレビや録画機器は、見ないときは消す」(73.8%)、「D冷暖房時に部屋のドアやふすまを閉め、冷暖房範囲を小さくする」(69.0%)となっている。

52

3.上記以外で、日頃から行っている、またはこれから行いたいと思っている節電の取り組みがありましたら、具体的にご記入下さい。

(主な内容)
 ・同じ部屋で家族一緒に過ごすことで、暖房する部屋を限定する
 ・就寝時間を早める
 ・風呂の残り湯を洗濯に使用する
 ・深夜電力をなるべく使用するようにしている

4.今後、ご家庭で節電に取り組む場合、どのようなものがあれば意欲的に取り組めると思いますか。(複数回答) 

 「Cエコチケット等の取組特典の充実」(57.7%)が最も多く、次いで「A各家庭での節電取組事例集・マニュアルの配布」(50.9%)、「D新聞・ホームページなどによる広報」(36.8%)となっている。

54

5.県が行っている「いしかわ家庭版環境ISO」事業を知っていましたか。(単数回答)                           
事業の概要:ご家庭で気軽に環境保全活動に取り組んでいただくための石川県独自の環境マネジメントシステムです。

 「A知っている」が28.2%、「B知らない」が71.3%となっている。

55

6.県が行っているエコチケット事業を知っていましたか。(単数回答)
事業の概要:家庭での二酸化炭素排出抑制の取り組みにより取得したポイントをエコチケットと交換し、農産物等直売所や地産地消推進飲食店での支払、森林整備に寄付等に使用できます。

 「A知っている」が24.7%、「B知らない」が75.3%となっている。

56 

7.(設問6で「A知っている」と回答した方のみ)エコチケット事業について、より魅力的なものとするためによいと思うものを選んでください。(複数回答)

「Dエコチケットがたまる活動の追加」(59.2%)が最も多く、次いで「Aポイントのアップ」(50.0%)、「取組期間の延長」(41.8%)となっている。

57

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?