• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 県民文化スポーツ部 県民交流課 広報広聴室 > 「イノシシ肉の利活用について」結果

ここから本文です。

更新日:2011年10月19日

「イノシシ肉の利活用について」結果

調査概要

調査の目的
 県では、イノシシによる農業被害が年々増加し、それに伴いイノシシの捕獲数も増えていますが、捕獲したイノシシについては、捕獲者が自己消費しているか、焼却や埋設処分されているのが現状です。
 こういったイノシシを資源として捉え、食材として幅広く利活用することができれば、里山資源を有効利用できるとともに、捕獲者の狩猟意欲を喚起することができ、捕獲の促進、ひいては農業被害の減少につながるものと考えています。
 そこで、イノシシ肉に関する利用の現状や消費拡大のためにはどういった課題に取り組む必要があるかなど、今後の検討の参考にするため、アンケート調査を実施しました。

調査期間
 平成23年8月23日~9月5日

対象者数
 521人(県政モニター110人、県政インターネットモニター411人)

回答者数
 427人【回答率82.0%】(県政モニター93人、県政インターネットモニター334人)

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります。

調査結果 

1.これまでにイノシシ肉を食べたことがありますか。(単数回答)

 「ある」が34.4%、「ない」が65.6%となっている。

 21

2.(設問1で「ある」と回答したのみ)どのような形で食べましたか。(複数回答)

 「県外の料理店、レストラン、旅館等の飲食施設で食べた」(46.3%)が最も多く、ついで「狩猟関係者から購入又は譲ってもらい食べた」(38.8%)、県内の料理店、レストラン、旅館等の飲食施設で食べた(24.5%)となっている。

 22

3.(設問1で「ある」と回答した方のみ)どのジャンルの料理を食べましたか。(複数回答) 

 「和食」(87.1%)が最も多く、ついで「洋食」(9.5%)となっている。

 23

4.(設問1で「ある」と回答した方のみ)具体的にどのような料理を食べましたか。

 (主な内容)
  ・鍋料理(イノシシ鍋、すき焼き)
  ・焼き肉
  ・カレーライス

5.(設問1で「ある」と回答した方のみ)食べた感想はどうでしたか。(単数回答)

 「おいしかった」(44.9%)が最も多く、ついで「それほどおいしくなかった」(23.1%)、「とてもおいしかった」(22.4%)となっている。

 25

6.(設問1で「ある」と回答した方のみ)設問5の回答の理由があれば教えてください。

 (「Aとてもおいしかった」、「Bおいしかった」の主な理由)
  ・思ったほど臭みがなく食べやすかった
  ・歯ごたえがあって美味しい
 (「Cそれほどおいしくなかった」、「D全然おいしくなかった」の主な理由)
  ・臭みを感じた
  ・肉が硬かった

7.(設問1で「ある」と回答した方のみ)また食べたいと思いますか。(単数回答)

 「機会があれば食べたい」(53.7%)が最も多く、ついで「それほど食べたくない」(25.2%)、「是非食べたい」(16.3%)となっている。

 27

8.(設問1で「ある」と回答した方のみ)設問7の回答の理由があれば教えてください。

 (「A是非食べたい」、「B機会があれば食べたい」の主な理由)
  ・美味しかったから
  ・めったに頂けないから
 (「Cそれほど食べたくない」、「D二度と食べたくない」の主な理由)
  ・肉が硬かった
  ・硬い感じで臭みがある 

9.(設問1で「ない」と回答した方のみ)これまで食べなかった理由は何ですか。(複数回答)

 「肉や加工品を販売する店がない(分からない)など、手に入れる手段がないから」(63.9%)が最も多く、ついで「イノシシ料理を提供する料理店等が少なく、どこで食べられるか分からないから」(62.5%)、野生獣肉を食べる習慣や文化がなく、食べる機会がないから」(59.6%)となっている。

 29

10.イノシシ肉に対してどのようなイメージを持っていますか。(複数回答)

 「料理法や料理メニューが普及していない」(56.2%)が最も多く、ついで「普段手に入れることが難しく、貴重品である」(43.6%)、独特のくせや臭みがあるなど、食品としての価値が低い」(38.2%)となっている。

 210

11.石川県産イノシシ肉の消費を増やすためには、何が必要だと思いますか。どうしたら皆さんに食べていただけると思いますか。(複数回答)

 「味を知ってもらうための試食会やイベント等を開催する」(73.1%)が最も多く、ついで「衛生面での安全性を確保するための仕組みを整える」(55.5%)、イノシシ料理を提供する料理店等を増やし、提供している料理や店を広く紹介する」(54.6%)となっている。

211

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?