• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

「特殊詐欺について」結果

調査概要

振り込め詐欺などの特殊詐欺について、今後の施策の参考とするためアンケートを実施しました。

調査期間
平成29年1月16日~1月30日

対象者数
512人(県政モニター、県政インターネットモニター)

回答者数
437人【回答率85.4%】

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります。

調査結果

問1-1.振り込め詐欺(特殊詐欺)を知っていますか。

「振り込め詐欺の具体的な手口などを知っている」が82.6%と最も多く、次いで「振り込め詐欺という言葉を見聞きしたことはあるが、詳細は分からない」が17.4%であった。

問1-1

 

問1-2.どのように知りましたか。

「テレビ」が61.8%と最も多く、次いで「新聞」が23.3%であった。

問1-2

問2.自分が今後振り込め詐欺の被害に遭うと思いますか。

「遭わないと思う」が48.3%と最も多く、次いで「遭うかもしれないと思う」が33.0%であった。

問2 

問3-1.振り込め詐欺と思われる不審な電話(非通知や知らない電話番号)が、あなた自身や家族にかかってきたことはありますか。

「ある」が24.3%、「ない」が74.6%であった。

問3-1

問3-2.どのくらいの頻度でかかってきますか。(問3-1で「ある」と答えた方だけが回答)

「1年に1回程度」が37.7%と最も多く、次いで「半年に1回程度」が15.1%であった。

なお、その他の内容で最も多かったのは「過去に1度だけ」という趣旨の回答であった。

問3-2

問3-3.不審な電話がかかってきたときに、その電話に出たことはありますか。(問3-1で「ある」と答えた方だけが回答)

「ある」が50.0%、「ない」が46.2%であった。

問3-3 

問3-4.不審な電話に対し、どのように対応しましたか。(問3-3で「ある」と答えた方だけが回答)

「相手の話を聞いて詐欺だと気付いた」が84.9%と最も多く、次いで「騙されそうになったが家族や知人等に相談して詐欺だと分かった」が9.4%であった。

問3-4

 

問4.迷惑電話防止機能付きの電話機や、電話機取付け型の防犯機器があることを知っていますか。

「知っており、利用していないし、特に利用したいとは思わない」が33.2%と最も多く、次いで「知っており、利用していないが、利用してみたいと思う」が30.9%であった。

問4

問5.振り込め詐欺に遭わないために問4の電話機等以外で普段からやっていることはありますか。(複数回答)

「被害に遭わないように家族で話し合っている」が39.1%と最も多く、次いで「ナンバーディスプレイや留守番電話などの機能を活用している」が36.4%であった。

問5

 

問6.振り込め詐欺被害に遭わないためには、警察や自治体等がどのような媒体等を利用して広報をすることが効果的だと思いますか。(複数回答)

「テレビ」が89.0%と最も多く、次いで「新聞」が75.1%であった。

問6 

 

問7.金融機関では、振り込め詐欺を防止するため、警察からの依頼に基づき、窓口において高額の現金を引き出す場合などに、声掛けやアンケートなどを実施していることを知っていますか。また、効果的だと思いますか。

「知っており効果的だと思う」が79.9%と最も多く、次いで「知っているが効果はないと思う」と「知らなかったが効果的だと思う」それぞれ9.4%であった。

問7

問8.振り込め詐欺では、被害者は金融機関等(スーパー等のATMコーナーを含む)で現金を準備することが多いですが、金融機関等においてどのような対策が効果的だと思いますか。(複数回答)

「窓口における声掛け、アンケートなど」が62.9%と最も多く、次いで「ATMコーナーにおける声掛け」が61.8%であった。 

問8

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?