• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

「少子化対策について」結果

調査概要

調査の目的
石川県では、若者の結婚や出産への希望をかなえ、安心して子どもを生み育てることのできる社会の実現に向けて、結婚支援策や子育て環境の整備などに取り組んでいます。結婚や子どもを持つことに関する意識を把握し、今後の施策の参考とするためアンケートを実施しました。

調査期間
平成28年9月20日~10月4日

対象者数
512人(県政モニター、県政インターネットモニター)

回答者数
412人【回答率80.5%】

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります。

調査結果

問1から問4は、回答者の方の性別、年齢などについてお伺いしました。

問1.回答者の性別について

「男性」が43.7%、「女性」が55.6%、「無回答」が0.7%であった。

 1

問2.回答者の年齢について

10歳代が0.2%、20歳代が4.9%、30歳代が17.5%、40歳代が26.5%、50歳代が18.7%、60歳代以上が31.6%であった。

 2

問3.回答者の職業について

多い順に、無職(過去に働いていたことがある)が34.7%、正社員が27.4%、パート・アルバイトが15.8%、自営業・家族従業が11.9%、派遣・契約社員が5.1%、その他が2.2%、学生 が1.5%、無職(今まで働いたことがない)が0.2%であった。

3

問4.回答者の結婚の状況について

「結婚している」が81.3%と最も多く、次いで「一度も結婚したことがない」が12.1%であった。

 4

 

 

※以下の問5-1と問5-2は、「結婚している」か「結婚していたが離別・死別などした」状況の方にだけお伺いしました。

 

問5-1.お子さんはいらっしゃいますか。

「2人」が47.6%と最も多く、次いで「3人」が21.6%であった。

5

問5-2.理想の子どもの数は何人ですか(でしたか)。

「2人」が44.5%と最も多く、次いで「3人」が40.9%であった。

6

 

 

※以下の問5-3は、実際の子どもの人数が、理想の子どもの人数より少ない方にだけお伺いしました。

 

問5-3.理想の子どもの数を持たない(持たなかった)理由は何ですか。(複数回答)

「大学などの学費の負担が大きい」が19.5%と最も多く、次いで「食費や住居など生活費の負担が大きい」が16.0%であった。

7

 

 

※以下の問6-1と問6-2は、一度も結婚をしたことのない方にだけお伺いしました。

 

問6-1.結婚していない(しなかった)理由は何ですか。(複数回答)

「出会いの機会がない」が40.0%と最も多く、次いで「経済的に安定していない」が24.0%であった。

 8

問6-2.行政などに期待する結婚支援の施策は何ですか。(複数回答)

「出会いの機会の提供」が38.0%と最も多く、次いで「経済的支援」が32.0%であった。

9

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?