• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > 広報広聴 > 広聴 > モニターアンケート調査結果 > 「『ウォームシェア』について」結果

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

「『ウォームシェア』について」結果

調査概要

北陸では、冬場の家庭の消費電力量が、1年の中でも最も多くなる時期であり、特に夕方はエアコン(暖房)と照明が4割を占めています。県では、11月~2月にかけて、家族それぞれが 自分の部屋で暖房等を使うのではなく、 1つの部屋に集まって鍋を囲んだり、 暖房を消してみんなで外に出かけることで、 消費電力を抑える「ウォームシェア」の取り組みを行いました。今回は、「ウォームシェア」の今後の取り組みの参考とするため、今冬の取り組みについて、アンケート調査を実施します。

調査期間
平成29年3月1日~3月15日

対象者数
511人(県政モニター、県政インターネットモニター)

回答者数
433人【回答率84.7%】

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります。

調査結果

問1.「ウォームシェア」を知っていますか。

「聞いたことがある」が69.7%、うち「聞いたことがあり、内容も知っている」は51.5%であり、「知らない」が29.8%であった。

h28101

問2.「ウォームシェア」のロゴマークを見たことがありますか。

「見たことがある」が28.2%、「見たことがない」が71.6%であった。

h28102

問3.「ウォームシェア」(言葉、内容、ロゴマーク)は、どのようにして知りましたか。(複数回答)

「新聞記事」が27.5%と最も多く、次いで「テレビ」が19.2%であった。

h28103

問4-1.今年度の冬、「ウォームシェア」を実践しましたか。

「実践した」が53.1%、「実践しなかった」が45.5%であった。なお、「実践した」の内訳は、「外に出かけるウォームシェアを実践した」が13.6%、「家庭内のウォームシェアを実践した」が22.4%、「両方のウォームシェアを実践した」が17.1%であった。

h28104-1

 

※問4-2から問4-4は、問4-1で「ウォームシェアを実践した」と回答された方だけにお伺いしました。

問4-2.「ウォームシェア」の取り組みを実践したことで、節電効果がありましたか。

「節電効果があった」が65.2%、「節電効果がなかった」が33.0%であった。

h28104-2

問4-3.節電効果以外のメリットはありましたか。(複数回答)

「家族一緒に過ごすきっかけとなった」が58.3%と最も多く、次いで「外出するきっかけとなった」が41.7%であった。

h28104-3

問4-4.今冬、どのような「ウォームシェアスポット」へ行きましたか。(複数回答)

「デパート・ショッピングセンター」が65.7%と最も多く、次いで「公共施設」が46.1%であった。

h28104-4

問5.来年度、追加して欲しい「ウォームシェアスポット」があれば教えてください。

(主な回答)

・書店

・カラオケ店

・道の駅

ほか

問6.「ウォームシェア」の取り組みを来年度は実践しようと思いますか。

「実践を心がけたい」が83.4%、「実践しようと思わない」が15.5%であった。

h28106 

問7.「ウォームシェア」の取り組みに関するご意見をお願いします。(複数回答)

「もっとPRが必要」が71.6%と最も多く、次いで「ウォームシェアスポットの場所をわかりやすく発信してほしい」が42.0%であった。

h28107

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?