• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > 広報広聴 > 広聴 > モニターアンケート調査結果 > 「小型家電リサイクルについて」「家庭で取り組むごみを減らす工夫について」結果

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

「小型家電リサイクルについて」「家庭で取り組むごみを減らす工夫について」結果

調査概要

調査の目的

県では、環境問題についてさまざまな取り組みを行っています。私たちの身近な環境問題のひとつである「ごみ」の問題について、今後の施策の参考とするため、アンケート調査を実施しました。

調査期間
 平成25年12月13日~12月26日

対象者数
 628人(県政モニター110人、県政インターネットモニター518人)

回答者数
 468人【回答率74.5%】(県政モニター 89人、県政インターネットモニター 379人)

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります

調査結果

※小型家電リサイクルについて
1 平成25年4月1日から、「小型家電リサイクル法」が施行されました。「小型家電リサイクル」を知っていますか。 

 「A 聞いたことがあるし、内容も知っている」が27.4%、「B 聞いたことがあるが、内容は知らない」が42.5%、「C 聞いたことも内容も知らない」が30.1%となっている。

0801

2 実際に、不要になった小型家電のリサイクルをしていますか。

「A している」が42.3%、「B していない」が57.5%となっている。

0802 

3 今後、不要になった小型家電のリサイクルに協力したいと思いますか。

「A 協力したい」が91.2%となっている。

0803

(その他の主な内容)
・個人情報に関わるものは不安がある

※家庭で取り組むごみを減らす工夫について
4 ご家庭で、「ごみを減らす工夫」に取り組んでいますか。

「A 取り組んでいる」が63.7%、「B 取り組んでいない」が35.7%となっている。

0804

 

※問5は、問4で「A 取り組んでいる」と回答した方に聞きました

5 ご家庭で取り組んでいる「ごみを減らす工夫」について教えてください。

(主な内容)
・ごみの分別を徹底し、リサイクルできるものはしている(人に譲る、フリーマーケット、リサイクルショップの活用等)
・過剰包装を断る、詰め替え製品を買う
・生ゴミをコンポストで堆肥にしている
・衣類などのリメイクに努める
・不用な紙類は、古紙回収に出す

6 今後、ご家庭で取り組みたい「ごみを減らす工夫」についてのアイデアがあれば教えてください。

(主な内容)
・調理法を工夫し、食材の「捨てる部分」を減らす
・生ごみをコンポストで堆肥にする
      地域のゴミステーション等に設置できないか。自治体で補助ができないか
・気軽に捨てず、使えるものは長く使う
・衣類などのリメイクに努める
・不用な紙類は、古紙回収に出す

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?