• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > 広報広聴 > 広聴 > モニターアンケート調査結果 > 「世界農業遺産『能登の里山里海』について」結果

ここから本文です。

更新日:2012年8月7日

「世界農業遺産『能登の里山里海』について」結果

調査概要 

調査の目的
 昨年6月、能登半島の4市4町に広がる「能登の里山里海」が、国連食糧農業機関(FAO)により日本で初めて世界農業遺産に認定されました。県では、地元市町や関係する農業、林業、漁業、商工、観光団体とともに、「能登の里山里海」を未来へ引き継ぐための取組を行っています。
 今回は、認定から1年を迎えるにあたって、今後の普及啓発活動の参考とするため、アンケート調査を実施しました。

調査期間
 平成24年6月28日~7月11日

対象者数
 674人(県政モニター110人、県政インターネットモニター564人)

回答者数
 549人【回答率81.5%】(県政モニター 89人、県政インターネットモニター 460人)

※調査結果の数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合があります

 調査結果

1  「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたことを知っていますか。(単数回答)

 「A知っている」が73.2%、「B知らない」が26.8%となっている。

 h2421

(参考)世界農業遺産「能登の里山里海」に関連する情報を国内外に発信するためのポータルサイト

2  周囲の方々(友人やご家族、職場の同僚など)は、「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたことを知っていると思いますか。(単数回答)

 「B少しは知っていると思う」(54.5%)が最も多く、ついで「Aほとんど知っていると思う」(23.1%)、「Cだれも知らないと思う」(15.7%)となっている。

 h2422


※設問3~5は設問1で「A」とした方のみ回答

3  「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたことを知ったのはいつ頃ですか。(単数回答)

 「A認定の直後(平成23年6月)」(61.7%)が最も多く、ついで「C今年に入ってから(平成24年1月~6月)」(12.9%)、「B認定から半年以内(平成23年7月~12月)」(11.7%)となっている。 

 h2423

4  どのようにしてお知りになりましたか。(複数回答)

 「A新聞の記事や広告」(72.4%)が最も多く、ついで「Bテレビ、ラジオのニュースや番組」(69.7%)、「E県や市町などの広報物(ポスター、パンフレット、広報誌、情報誌など)」(27.6%)となっている。 

 h2424

5  「能登の里山里海」についてどの程度知っていますか。(単数回答)

 「A認定の概要(なぜ認定されたのかなど)まで詳しく知っている」が6.7%、「B Aほどではないがある程度知っている」が39.6%、「C言葉を見たり、聞いたりしたことはあるが、詳しくは知らない」が51.0%となっている。 

 h2425 

6  今後、より多くの人に「能登の里山里海」を知ってもらうためにはどのような方法がよいと思いますか。(2つまでの複数回答)

 「A新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどのマスコミに取り上げてもらう」(73.6%)が最も多く、ついで「E学校の授業や課外活動に取り入れてもらう」(38.4%)、「C  インターネットを活用して情報を発信する」(29.7%)となっている。

 h2426

7  「能登の里山里海」について知りたいことは何ですか。(2つまでの複数回答)

 「C見どころ、イベント、食などの観光情報」(71.4%)が最も多く、ついで「A世界農業遺産に認定された概要や意義」(51.9%)、「B歴史や伝統文化などのより詳しい知識」(40.6%)となっている。 

 h2427

8  「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたことで、地域にどのような波及効果がもたらされていると思いますか、あるいはどのような波及効果を期待しますか。(2つまでの複数回答)

 「C観光客、宿泊客の増加などにより、新たな経済効果が生まれている(生まれる)」(60.8%)が最も多く、次いで  「A農林水産業や伝統文化の維持・継承に関する地域の機運が盛り上がっている(盛り上がる)」(49.0%)、「D地域住民による地域の資源を活用した新たなビジネスや生業のアイデアが生まれている(生まれる)  」(41.3%)となっている。

 h2428

9  「能登の里山里海」を未来の世代へ継承していくために、今後、どのような取組が必要あるいは重要だと思いますか。(2つまでの複数回答)

 「B伝統文化や知識、知恵の継承」(36.6%)が最も多く、ついで「E体験型の観光誘客」(36.4%)、「G地域の活動を担う人材の育成」(33.2%)となっている。

 h2429

10  今後、「能登の里山里海」継承のために取り組みたいと思うものがあれば教えて下さい。(2つまでの複数回答)

「C能登の里山里海を訪れる」(60.1%)が最も多く、ついで「A能登の里山里海の農林水産物や商品を積極的に購入する」(44.1%)、「E能登の里山里海に関するイベントやセミナーに参加する」(31.7%)となっている。

 h24210

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?